人気ブログランキング |

To tomorrow From yesterday

2008年 07月 17日 ( 4 )

本心なんてない国...。

Excite エキサイト : 国際ニュース

韓国に、本心本義で日本とテーブルを共にする気等、
毛頭ない...と私は思っている。
日本以外の国の顔色が心配なだけ、本当に、竹島問題を、重要視しているなら、
とっくのとうに国際裁判で討論しているはず...。
韓国は、国際裁判で討論する気はない...日本を揺さぶる材料があればいいだけ、
事実がはっきり認識されるのは、逆に迷惑な事なのだ。
日本をいじめる材料が無くなるから...そう考えると、幼稚な喧嘩だ。

とはいっても、今の日本に、諸外国、特に近隣の国との摩擦は避けたい...。
一気にインフレが進むのが一番心配なはずだから...。

でも、数十年ずっとこのような関係を続けてきている韓国に、
日本は、まだ忍耐していくのだろうか?戦争の後ろめたさからか?
できれば、そうゆう国に、あっかんべーできる位の自立した国になりたい...。
ブッシュ大統領も言っていましたよね...
『....他国に食料を依存しなくてはならない国ほど、惨めな国は無い。
他国の言いなりになるしかないのだから...。』
これが、戦後の日本をジワジワと依存させてきた国の大統領の本心かもしれない。
by marquetry | 2008-07-17 22:27 | Track Back

-いただきます-

いただきます...って言う言葉が好きです。
ご飯を食べる時に、必ず、今日も無事に食べれる事に感謝します。

時に、現在、世界中が色んな意味で飢餓状態に陥っています。
発展途上国ばかりではなく、日本も例外ではありません。
事の発端は、原油高...と言われていますが、
日本だけで言うと、200海里や減反政策...など、輸入の自由化に伴い
日本の自給率が低下するような事を、平気で国が押し進めてきた結果と言えます。

減反政策の時、私はまだ学生でしたが、今でも心に残っている言葉があります。
『...畑は、代々から受け継ぎ、ようやく今の品質が出来るようになった。
この味は、今今すぐ出来たものじゃない...数百年の間、ずっと
雑草や天候と戦ってきてようやく出来たんだ...いま、畑を手放して、
また作ってくれと言われても、同じ土にするために、
また、数百年かかるんだよ...云々』

勿論、次世代の担い手がいない事も大きな問題である。
ものづくりの担い手がいない...それは、もの作りが当たり前のように扱われ、
価値が低く抑えられている事に問題が集中する。
日本のものつくりは、気遣いの世界...志し無くば、つづけられない。
しかし、価格の安い輸入もの、大量生産に押され、顔の見えない商品が、
もの作りの人達を、蝕んでいる。
薬付けで、栄養価の低い、ただ量だけの世界が、ものの価値をないがしろにする。

200海里の時、日本は世界中の海から魚を捕り尽くすつもりかと、
かなりのバッシングをくらった。
でも、今では、日本に輸出している国が、生息調査もせずに、乱獲している。
日本人が、欲求するからだというが、本当は、車や家電製品が欲しいために、
バランスを取りたいのだ。

高価な電化製品を受け取るに値する、食物を、日本に買ってほしいのだ。

環境を盾に、世界は小さな日本の胃袋を非難する。
確かに、今の日本は、反省すべきものが山積みだ。
年間で2000tもの食べ物が廃棄されていると、誰かが調べたらしい。
もったいない...といわれて当然だ。
でも、この飽食の時代を作ったのは、輸入規制のゆるみから、
自給を手放したために、畑でつくす姿が消え、漁師の汚れた姿が消え、
工場が人件費の安い海外に消えたために、親の苦労の背中を見る事が無くなり、
通勤や会社に不満タラタラを噛み締めているイライラ大人を見て、
感謝の気持ちが無くなってしまったから...というのは飛躍し過ぎだろうか?

いただきますって言葉が、食卓から消え、安いものがあふれているのに、
生活が楽にならず、必死で働くかわりに、人とのつながり、
ものとのつながりが消え、大人には、子供を見つめる余裕が無くなってしまった。
魚が、本当はどんな形かも、牛がどんな形か知る事も無く、
お金があれば、手に入ると勘違いしている。
作り手がいなくなったら、物がなくなるだけでなく、安心という信頼も、
手に入らなくなる事に、気がつかない。

古代4代文明は、文明とともに人口が増え、町が栄えるとともに、
自然に逆らって、灌漑による農法でたくさんの作物を作ろうと考えた。
その結果、塩害により土地は砂漠化し、今でも大きな砂漠のままである。
当然、文明は崩壊した...今日本は、同じ繰り返しをしようとしてはいないか?

日本人は、土地を枯らさずに、その土地を生かした農法を
工夫してきた。世界に誇る技術だ。是に価値がないと、どうして言えようか?
どうして、胸を張って、政府は、同じものを外国には作れないと言えないのか?
志が違うと、言えないのか?

むかしから、漁業は、その年の獲れ具合をみて、翌年の量を調整してきた。
魚が、無事育つように、水を大切にし、森を大切にし、してきた。
獲ったものを、残らず利用できるように、食してきた。
雑木林を間引きして、商品に出来る木材を作る事は、
自然と、森の健康管理をしているようなもの、手間ひまのかかった森は、
土も豊かで、微生物もバランスがとれる。
木々はあせって花粉を大量発生せずとも、若木が育つ環境が出来る。
肥沃な土は、農家へわたり、農家が作った作物の余分は、鳥や豚の餌に、
豚の糞は堆肥に、堆肥で肥沃になった土は、雨水とともに海へ、
ミネラル豊富な川の水は、海の魚へ...海の頂点-クジラは、
ヒゲは能楽の楽器に、油はロウソクや火傷の薬に...。
こうして、いろんな職業職人がつながっている。

日本には、そうゆう文化があったはず。
そして、その人達のおしまない手間ひまに、感謝して、『いただきます...』
という言葉が、自然に出てきてしまう。
食事に限らず、反物でも、機械でも、いいものを拝見する時にも、
ついつい『いただきます』って言ってしまう。

いただきます...失いたくない言葉です。
今一度、国に、考えてほしい...今、その苦労をしてきた人達が、
生きている間じゃなければ、もう、二度と取り戻せないものを、失う事になると、
声を大きくして、言いたい。

各言う私も、思っているだけで、なかなか行動に出来ずにいますが、
台所で出来る小さな事から、心がけています...すこしづつ、少しづつ(汗汗)。
by marquetry | 2008-07-17 17:12 | 明日へつなぎたいもの

準....って何?

Excite エキサイト : 社会ニュース

性的暴行に、準がつくと何が違うの?
挿入するかしないか?それとも、強姦にランクがあるの?

じゃあ、強姦された被害者にもランクがあるんだ...。
傷ついた心や生活にどうゆうランクをつけられるのか?

準...とつくだけで、強姦した事に変わりはないのでしょう?
なのに、どうして準...なんてワザワザ区別したのかしら?

ちょっと、ムカついてます。
by marquetry | 2008-07-17 14:26 | Track Back

時効って...

Excite エキサイト : 社会ニュース

6000万も使い込んで、時効になるって...?
この数字を稼ぐだけでも、有に10年20年かかるものを、10年足らずで時効って...。
家庭内の事情はよくわからないけど、贅沢や遊びに使ったのでしょう?6000万も...。
金額の大きさじゃないだろうけど、なんだか、時効に疑問がいっぱいだわ....。
by marquetry | 2008-07-17 09:23 | Track Back



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧