To tomorrow From yesterday

見えない存在だから?

いまどき親のサンタ対策&サンタとの別れどき | Excite エキサイト

私は、サンタの姿を見たことは無い。
でも、今でも正直、いるんじゃないか?って、心の何処かで思っている。
いい歳こいて、バカじゃないの?って言われそうですけど...。
確かにアラフォー世代の私...いいとしなんですが...ははっ。

小さい頃、両親がクリスマスプレゼントを用意していてくれたことは、気がついていた。なんたって、家のストーブは灯油式で、煙突は細いし、サンタが入れる大きさじゃない。ましてや、ストーブの中はガンガン炎が燃え盛っているし...暖炉のように、煙突から入っても、ストーブの中から出てくる前に...サンタさんが焼死してしまう(汗汗)。
靴下を下げても、私の足の大きさじゃ、たいしたものは入らない。
本当に欲しいものを、プレゼントに貰った訳じゃないし、サンタさんが、一日で世界中の子供に届けるなんて、現実的じゃないことを、感じていた小さい頃...。
歳を重ねるたびに、おとぎ話の世界だけの話になりそうなんだけど、
私は逆に、サンタの存在を信じる方に傾いていった。

友人と話を合わせたりすることはあっても、信じていたかった。
サンタを否定すると、何もかも、目に見えないものは信じない...そんなつまらないことは、考えたくなかったのかもしれない。

それに、クリスマスの雰囲気は、まさに、街全体が幻想的になり、奇跡が起きてもおかしくないって、思える程ロマンティック。
そんな気分になれるだけでも、まだまだ、私は大丈夫!なんて、変な確認をしたぐらいにして...。

私の中の遊び心が生きているうちは、サンタはずっと存在している様な気がします。
それって、せかせか追われて生活している私に取って、必要な余力のようなものなのかもしれません...。

子供が信じない、自分の目に見える世界に、サンタの存在を感じないのは、仕方が無いかもしれません...よく大人の見ている世界を観察している証拠とも言えます。

でも、サンタがいるって、考えた方が、いろいろ楽しめたりするんですけどね...。
サンタがくれるものは、必ずしも、目に見えるゲームや物じゃないとも、思うし。

ちなみに、私の願いは、まだサンタに届いていないようで...今年も、独り仕事に追われるクリスマスを過ごしています...(泣)
仏教の国でも、サンタの奇跡は有効?だと、願っています。
いつもより、クリスマス雰囲気の薄い空気が漂う今年ですが、ほんのり、クリスマスの匂いを感じながら、まだまだ仕事中の私でした。
[PR]
by marquetry | 2008-12-25 00:57 | Track Back
<< 特別な事じゃなく...。 あら? >>



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧