To tomorrow From yesterday

『やさしい刺繍』

夫を亡くして9ヶ月にもなるのに、まだ喪に服して、黒い服を来ている老女。
それを見ていて、心を痛めた髪結いの婦人が、
なにか元気づける方法は無いか?と、老女と仲が良かった二人に相談します。

裁縫が得意だと聞いた町の男衆は、
老女に、町の伝統、教会の男声合唱団の旗が、ネズミに食べられ、
ボロボロになったから直して欲しいと頼みます。
老女は、修理に使える生地が無いか?と家中をさがします。
髪結いの婦人は、それを手伝いながら、ひとつの化粧箱の中身を見てしまいます。
それは、きれいなレースや刺繍の施されたキャミソールやブラジャーの作品。
老女は、下着や刺繍まで施せる職人だった...結婚して夫に反対されるまでは...。
老女は、ポツリと言う...パリでランジェリーショップを開くのが夢だったの...と。

結局、旗に使えそうな生地は見つからず、
旗の生地を手に入れるため、久々に街へ出かける事に...。
髪結いの婦人や、仲良し老女も一緒に...。

髪結いの婦人は、生地を買い入れたあと、
街のランジェリーショップへ立ち寄ります。
仲良し老女は、レースの下着をみては、したない...と眉間にシワを寄せますが、
老女は、じっと見つめてこういいます...縫製がなってない...これではわきが吊る...等々。

田舎町に戻って、髪結いの婦人は言います...夢をあきらめないでと。
老女は、そう、80代ぐらい...髪結いの婦人は、50代くらい。
仲良し老女Aは70代で施設でくらし、仲良し老女Bは夫の介護を献身的に暮らしていた。

老女はひとり、街へでかけ、レースや刺繍の材料を購入し、
昔の感覚を取り戻そうと作り始めます。
そんな姿を見て、老女Aはこの町で買うものなどいない...恥をかくだけだと反対。
老女Bは、そんな下着をつくる老女から離れていきます。
髪結いの婦人とその娘だけは、喪に服していた老女が、みるみるイキイキしてくる姿を喜び、
協力していきます。
老女が元気になっていく姿を横目に、仲良し老女達の心にも変化が現れます。

そんな中、やっとランジェリーショップがOPENという時に、
町の男衆にその事がバレ、笑い者にされます。
婦人と老女は、肩を落とし、店を開ける事をあきらめようとします。
そのとき、老女Aはインターネットで販売したらどうか?と言ってきます。
また、老女Bは、車の免許を取るから、郵便局までの配送は自分が手伝うと言います。

...映画は、アクションも情熱的な恋愛でもない、ありふれた物語。
田舎町ではありがちな保守的な男衆と、そこに従って来た女達。
おしゃれな事も、目立つ事も、他と協調できないことは、
うけいれられないこの田舎町で、老女は、しっかりと自立する。
老女が起こした行動が、すこしづつ男衆たちに変化をもたらしていく...。

やさしい刺繍の老女は、とっても素敵な表情に...。
女性として、いつまでも、こうゆう表情でありたいと、ちょっり勇気がもらえる映画です。
[PR]
by marquetry | 2010-10-30 11:18 | 映画、書物
<< 命と引き換えに...。 「女性限定」は男性差別か? >>



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧