To tomorrow From yesterday

女の腐った様な男...(3)

私の報告で、心配をした社長は、しばらく会社に寝泊まりする程、
営業所に入り浸りました。その頃私も自分の現場を持ち始めていましたから、
夜な夜な休憩に使っていた部屋の隣に、社長が寝ている事も有った訳です。

私の返事が気に入らなかった所長...そして、社長を呼びつけたと思っている所長は、とんでもない行動に出ます。...取引業者や社長の奥さんに、私が社長とデキテル!と噂を焚き付けます。社長が来てから、仕事に長けた男の人が新たに会社に加わりますが、その人はスッカリその噂を信じ込みます。

なんて事を〜MY!GOD!!!

ただならぬまわりの様子...密やかに聞こえてくる噂...とうとう社内会議まで発展。
もちろん、社長から、ある程度の話は皆さん報告請けている訳で、この会議では、所長の言い分を公で聞こうと言うものでしたが、この所長...女の腐った様な奴で、やれ、朝会社に来て、休憩室を覗いたら、ティッシュが部屋に散乱していた...等等宣い、状況証拠らしい証言をする訳です...。別に合体しているところを見た訳でも、愛のささやきを見聞きした訳でもありません...当然です!そんな事無いんですから。第一、同業者なら理解出来ると思いますが、24時間態勢で仕事して仮眠に来ている人間が、寝ずにsexできる程身も心も余裕が有る分けない...そんな余裕が有るなら、現場でそのまま働いてますって...。

とはいえ、信じ込んでいる人達には、そんな事も、その為にワザワザ仮眠しに来ているとしか思えないんでしょうね...情けない...。
当然、社長の奥さんに罵声を浴びせられますが、普段は会う事の無い役員も居て、私にはその場で所長の事を言えませんでした。
男の井戸端会議は、女のそれよりも残酷かもしれません。
やり玉を食らった私は、悔しさのあまり、涙しながら否定するしか有りませんでしたから..。
会議が終わってから、奥さんと社長と役員に呼ばれ、私は、社長に報告した事を、
奥さんの前でもう一度話し、そして、きっぱり噂を否定しました。

奥さんは、思った他狸です...ちゃんと社長から聞いてて、会議では演技していたんです。
(ぐぇ〜..怖)で、奥さんの判断は、私の話も、社長の話も信じてるそうで...まぁ、毎日報告出してたんですから、信じてもらわなければ困るんですが...。
役員の人達からも、辛い思いさせて済まなかったと言われ、会議が、所長を見極める為のお膳立てだった事を知らされます...(ショック)

そうとも知らず、のうのうと、ある事無い事を混ぜて話、自分のした事言った事は全く触れず...あげくに、このスキャンダルで、社長を引きずり卸し、あわよくば自分が社長の椅子に座ろう!と、論破した所長...。
この時、初めて私は所長に同情しましたが、そんな気持ちもすぐ吹っ飛ぶ様な事がその後もつづきます。

ギクシャクした空気のまま、数日過ごした後、所長は社長から、解雇を言い渡されます。
納得のいかない所長は、社長の馴染みのお客さんのところにその不満をぶつけ、その会社に潜り込みます。そして、そこでも噂をバラマキ...ウチの取引業者のみならず、業界にその噂が広まることに...この男...どこまでも根性が腐ってる...。
おかげで、私は当時つきあっていた彼氏から会社を辞めてくれと言われたり...まぁ、しばらく噂に振り回されるハメになるんですが...ウチの社長は、所長よりダンゼン業界の信用が有り、会社的ダメージは全くと言っていい程ありませんでしたから、私は、会社を辞めず、噂に負けずに!いえ、払拭するつもりで、会社にヘバリツキ、仕事をこなしました。

いまでも、現場で元所長に会う事が有ります。
まるで、何事も無かったかのように、親しげに肩を組んで来たりします...他の職人の前で、むやみにその手を払ったりはしませんが、この男!調子にのんっなっつうの!と心で思いながら、別な人と話をするふりして側を離れたり、なにげなく手を払ったりします。
興味本位で噂の真相を聞きたがる人も居ますが、そうゆう人には、
『男ばっかりの世界に居て、そんな噂のひとつやふたつない様じゃ女が廃るでしょ〜』とか、『どこまで本当の話何だか知らないけど、噂を信じる様じゃ、まだまだ(職人として)ね〜』とか、言っておきます。....本当に心配してくれている人にも、真実は私の口からは話しません。
同じ業界だし、そんな真似しては、所長と変わんないじゃない?

とはいえ、20代の私は、女の腐った様な...(女性に失礼な表現ですが...)男に出会い、男社会の怖さを知ることに...男って、一歩間違うと、女よりネチネチしている生き物かもしれません。
かなり、臭ってきそうなネチネチですが、現場に群がり、一服する職人達の話題は、もっぱらそんなうわさ話て言うのも、見なくていい世界だったと、つくづく感じています。

おかげで、男を見る目が厳しくなったのか...around40にして未だ独身。
...いつになったら、いい男で出会うのか...?
皆さんも、腐った男には、注意しましょうね...私の被害はたかが知れてますが、一歩振る舞いを間違ってたら、きっと、ストーカーや盗聴など犯罪にエスカレートしてたかもしれません。
女の腐った様な(女性に皆さんごめんなさい)男には、ご用心ご用心!です。
[PR]
by marquetry | 2009-04-10 18:36 | 海馬のくずかご
<< 出る釘は、打ち抜かれる?...。 女の腐った様な男...(2) >>



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧