To tomorrow From yesterday

結構知られていないこと...

Excite エキサイト : 政治ニュース

皆さんは、知っていただろうか?年収によって、厚生年金よりも、国民年金+国民年金基金で加入した方が、年金の受取額が多いことを...。
記憶が確かではないのですが、国民年金+国民年金基金の場合、受取金額が15万以上だった気がします。つまり、現在月平均が30万前後の人の厚生年金の受取と変わりないわけです。そうすると、月平均30万以下の人は、厚生年金よりも、国民年金+国民年金基金に入っているほうが、お得な訳です。...といっても払えればの話でが...。

お役所のお得!とか便利!なサービスって、何故か、ちまたに浸透しない。
お役所に聞きにいって初めて解ったりする。
お役所も、声を大にしては宣伝しない。
よって利用率が低く、無くなったサービスも多いとか...。

先日も、所得税が住宅控除、保険控除などで満額控除になっている私、よって、薬代や診察代が年間10万以上使ってても、医療費の控除は受けられない訳です。
ところが、最近、役所関係の窓口が親切になったせいか?税務署の方から、市民税から、医療費控除が受けられる事を知りました。
それも、薬代だけじゃなく、通院にかかった公共料金も領収書無しでも換算してくれます。つまり、国の税金控除の他に、都道府県や市町村での税金控除のサービスも受けられるという事。本当...こうゆう事って、知らず、利用せず、って多いと思います。これじゃ予算は余るはず...違う事に使いたくなる訳です。

サービスを受けるには、どの機関に、どの期間内にすればいいのか?、本来そのサービスを受けるはずの一般市民は、ほとんど知りません。...というか、小冊子で配られる広報を読んでも、理解出来ない。自分が対象なのか?どうかの判断がつかない。
何の事を言っているのか?ピンとこない。

せっかくいいサービスが有っても、それを知っている、理解している役所の人達以外が、積極的に利用する...という状況は、現在伺えません。
だから、一般国民は、余計に税金が取られるばかりで、ちっとも恩恵が無いと感じる訳です。

税制改革する前に、末端の状況把握を、政府にはして欲しいですね。
[PR]
by marquetry | 2009-03-06 11:49 | Track Back
<< 反省すべき! イチローだって... >>



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧