To tomorrow From yesterday

タグ:世界をちょっと考える ( 64 ) タグの人気記事

なでしこジャパぁ〜ンっ!!!!!やりましたぁ〜。

サッカー - エキサイトニュース

なでしこジャパン...ドイツの時も、そうだたけど、体格の差が感じられない試合でした。
頭ひとつ違うだけじゃなく、体重差もかなりのもの...。
体当たりだけでも怪我しそうな差です。

なでしこジャパンは、いつも、前半は、少し戸惑ている様な感じ。
それはサッカーに限らず、いつもの日本らしく、攻められっぱなしで、
守るだけで精一杯って感じの試合運び...あぁ、やっぱり日本は、
世界に対して、なんだか、萎縮している?、わけわからん国というの重圧につぶされそう?
って、ものすごい緊張が伝わるのが常で、それは、田舎者が、いきなり都会を魅せられてしまったような怯えと似ていると感じる。

後半始まって20分、まだまだ押されっぱなしに見える試合に、とうとうアメリカの先制点。
これを期に、一気にコメンテーターは、負ける試合結果を見越したような内容に変わった様に感じる。あ...コメンテーターも弱気になるんだ..日本がアメリカと試合しているだけでも、万々歳じゃないかぁ...と。
でも、なでしこジャパンは、ソフトボールの時と同じく、
ボールが走るごとに、どんどん硬さが無くなり、そして、
どんどんあきらめてない気持ちが堂々とプレイに感じ、更には、全く体格の差が感じられない程に...。後半35分頃、日本が同点に持ち込む。
ここから、日本が攻撃的なプレイに変わる。
まるで、残り時間を惜しむかの様に、そして、あともう一点...という思いが、画面越しに伝わる。
ドイツの時もブラジルの時も、先制されても、あきらめない...それが、ココまで引っ張って来た。

澤選手が言っていた、サッカーの神様がまるでついてくれてるようだと...。
まさに、そうかもしれない。
あれほど、シュートを打込んでいるアメリカが、得点へ決めることが出来ない。
アメリカに焦りが見えている。
負けるはずが無い...私たちが、日本に負ける訳が無い。
今日はどうしてこんなに足が重いんだろう...そんな声がアメリカから聞こえてきそうだ。

この試合で特に目立ったのは、きっと、キーパーだろう。
前半戦で、5本のシュートに対し、アメリカは12本もシュートを打っていた。
...でも何故か、いつもの用にネットを揺らすことが出来ないアメリカ。
軽く、大差で勝つだろう...そんな、大方の予想を、前半で、多いに打ち砕いた、なでしこジャパン。
後半も、アメリカ優勢に見える試合だが、一点を入れた事で、日本の気持ちはより強くなり、
アメリカは、逆に、焦りが見え始める。ものすごい疲労感が襲っている事だろう。
気持ちが、重く疲れた体にのしかかるのだ。こんなに手こずるはずが無い...そんな、声が、聞こえてきそうだ。

1対1まま、延長戦。観客からは、プレイの度に大きな拍手が沸き起こる。
観客は、この試合を本当に楽しんでいる。
普段から生活の一部の様にサッカーの試合を鑑賞する目の肥えたドイツ市民。
彼らが、盛り上がる程、良い試合をした なでしこジャパンは、それだけでも十分カッコいい。

延長戦は、徐々にスピードが増した様に感じる なでしこジャパン。
いや、アメリカが、疲れて来たのか?
そんな中、延長戦の前半も最後に、アメリカが追加点。
この地点で、もう、アメリカの勝ちを誰もが確信していただろうし、
アメリカの選手も、後は時間が過ぎるまでと思っていただろう。
しのぎさえすれば良い...そんな余裕な感じすら、アメリカには感じる。

なでしこジャパンも、少しだけ、あきらめかけたかもしれない。
それだけ、決定的な追加点だったと、思う。
だけど、なでしこジャパンは、あきらめていない。
たぶん、この延長戦のシュート数が一番多いのではないか?と思う程、
日本は、攻め続ける。

延長戦後半 残り三分...澤のゴールは、まさに、勝利の女神が微笑んだ瞬間だ。
延長戦後半もロスタイムにはいってから、アメリカのフリーキック。
日本のレッドカードは、まさに勲章といってもいい。
2対2で、PK戦突入。
キーパーの海堀は、今試合、コタコタなくらいシュート攻撃を受けていたはず。
でも、1番目を止めた海堀。またしても女神は微笑んだ。
その、影響は2番目の選手にも十分与え、3連続セーブするジャパン。
そして、4番目...決めれば勝利が決定するという場面に、20歳の熊谷が登場する。

これは、未来へつなぐシュートになることを物語るかの様な、演出だ。
ゴールが決まった瞬間、約5万人の観衆は、歓声というよりは驚きの声だった。

澤選手はMVPを獲得。

今回の試合の雰囲気は、あの、日本のソフトボールが優勝した時に似ている。
澤選手の精神力は、上野選手の、あの投球を彷彿とさせる。
まるで、試合が二度と出来ないのか?の思うくらい、もう、目の前の試合しか見えてない集中した感覚。疲労も痛みも、超越してししまった、そんな試合。

実は、目が覚めたら既にニュースが大騒ぎだった...という私でしたが、
休日だった私は、BSでしっかり、時間差鑑賞し感動しまし。
良かった...本当に良かった。
スポーツで勝つと言うのは、こんなにも、未来を明るくするのか?
別に、一緒に戦った訳でもない私が、
妙に、苦労が報われた様な気持ちになるのは一体なんなんだろう。
まったくもって、捨てたもんじゃないと、頑張る気持ちが沸き起こるのはどうしてだろう。

とにかく、本当に良かったぁ!
よかったね!なでしこJAPAN...おめでとぅ==============ウッ!
[PR]
by marquetry | 2011-07-18 12:54 | Track Back

技術の進歩...。

中国社会 - エキサイトニュース

M6.9の地震で、動じない日本...中国では?
建物の崩壊が相次いだ経験から、びっくりなのかもしれないが、
そのために、日本では、いろんな法的規制も有り、また、研究も続いている。

先日、48+90時間で、十数階建てのビルを建築するYou Tubeを見た。
当然、24時間態勢で、ぶっとうしの現場...さすが中国...。
日本では、近隣から苦情がでるか?
労働基準監督署に通報されるか?...とにかく、許可なんて降りないだろう。
やれと言われれば日本でも可能だろう..パネル工法で、結露も耐火も、防災も
何も考えなければ、箱物は立てられると思う。
...でも、この建物を見て買って住みたいとは思えない。

YouTubeのコメントには、こんな建て方で、地震があっても大丈夫なのか?
などのコメントが多く見られたが、中国には、法律や規制が有っても、守る習慣が無い。
電気工事ですら、隣の家から勝手に引っ張り込んで配線したりするもんだから、
しょっちゅう急に電気量が足りなくなって、受電装置はパンクする。
つい最近まで、発電所の供給不足が、日常的だったと聞いている。

大昔、日本が中国から学んだ建築技術を、日本では未だに研究している。
中国から技術を学び、日本の建築に進化した技術の寺院や五重塔などは、
まだまだ学ぶべき事がたくさん有るという。
中国では技術が途絶えてしまったのだろうか?
いや...どこかで技術は生きているのだろうが、一部にしか行き届かないのかもしれない。
広大な土地...情報が正しく、繋がるには、まだまだ時間がかかるのかもしれない。

中国が、日本に技術を求めるなんて事はしないだろうし、
学ぶべき物が有ると思っても、教えて?とは言わないだろう。
...でも、偽ブランドの様に真似て作っても、同じ様な安心や安全は得られないだろう。
建築は、それを立てるだけじゃなく、管理して行く事、
そして、そこに住む人達への意識への啓発や教育は不可欠。

技術の進歩は、職人や研究者だけで、生かされる訳じゃないのだから...。
[PR]
by marquetry | 2010-12-01 23:31 | Track Back

素晴らしきかな...人生は?

社会総合 - エキサイトニュース

100人以上の女性と結婚し、≒30人と離婚し、160人以上の子供をもうけ、92歳で亡くなったアククさん...。

つぶやきには、一夫多妻や、それだけ女性に困る事の無かったアククさんを、うらやましいとの声も多いようです...んがっ!!!世の男性諸君っ!!!よ〜く想像してみて?

自分の恋人や、奥さん...たった一人でも、四苦八苦している自分がいませんか?
それは、一夫一婦制だから?という制度の問題だけではないと思うんですけど?
100人以上の女性と結婚状態にいて、100人以上の女性の話を聞いて、
100人以上の女性と交代で過ごす毎日を、想像してみてください...。

160回もやった...じゃない、160人もの子供の面倒をみる?
今、自分の兄弟や、自分の子供...一人や二人でも、四苦八苦してない?

30人と離婚...30回も離婚と言う作業をする気力が、あなたには有る?

正直、女の私ですら、げっそりしてきます。
[PR]
by marquetry | 2010-10-08 17:04 | Track Back

ほら来た...。

国際総合 - エキサイトニュース

謝罪と賠償を要求する声明を発表...中国らしい。

私は、地検が政府の関与無しに釈放した事にも納得はできない方です。
処分保留のまま釈放するくらいなら、逮捕なんてしなければイイ...ましてや、もめる事が解っている中国人を...です。
また、逮捕した以上は、捜査が終わるまで拘留すべきですし、せめて、捜査の結果証拠不十分のため釈放ぐらいのコメントをして欲しいものだ。
また、処分保留で釈放するなら、現地逮捕の4人の釈放と交換条件を出すくらいの交渉を政府はすべきだったのでは?という思いもある。

とにかく、この声明と同時に、尖閣諸島近辺は、中国の軍と漁船であふれ、事実上の領域として、主張してくる事も明白...。

ここで、日本に間違いが無いなら、賠償と謝罪をする必要は無い。

自給率の低い日本が、他国から経済制裁を受ける度に、犯罪を見逃していたら、それこそ犯罪天国と呼ばれるだけでなく、国民が暮らせない程の現実的になってしまうでしょう...。政府は、国を守るという気持ちが有るなら、地検が勝手にやったなどと無責任な発言をせず、また、馬淵さんも、触らぬ神に祟りなしのコメントをするのではなく、どうやって国内や領海域を守っていくのか?発言しなければ、国内の経済問題どころではなくなり、日本は、海外が予想する通り、日本でなくなりますよ?

国が安全だから、国内の経済が成り立つのでしょう?
国内の経済が活気づけば、領海は侵されないと?
応えはNO!だと思います。...とくに中国は。

国際会議に出ていて、両国の首相クラスがいるのに、話し合う機会も作れない外交って?...内閣だけでなく、民主党の力の無さを感じずにはいられないでしょう?
いままで、散々自民党を揶揄して来た民主党だけど、口先だけで、実は自民党ほど周りを動かす力は無いと、証明してしまったのでは?

雇用雇用雇用...と叫んでいたけど、それ以前に、日本という国を存続させる事を忘れていないか?...小泉さんの評価は、批判も多い分評価も高いままでしょう?それが、政治でしょう。...いい顔していたいなら、内閣や首相にならない方がイイ。

日本企業が、中国にたくさん工場を構えたのは、いまいまの話ではない...十年以上経つでしょう?その間に、日本は、日本企業を守るべく、中国政府と交渉して来ていないとおかしいでしょう?...外交が正常に行えない国と、国交を続けることが本当に大事なのでしょうか?資源が欲しいから?...それこそ、中国以外から資源を調達する方法をとるべきだったのでは?

中国は、日本を中国無しでは成り立たない社会になるまで辛抱強く機会を待つほど、忍耐強い国です。日本は、問題を棚上げしている状況でありながら、その状況を友好的になって来たと思っていたかもしれませんが、プライドの高い中国が、日本と友達になるなんて考えられません。事実...中国は、日本を支配する以外に、自国を維持出来ないような対日教育と認識を戦後ずっと続けて来たのですから、今更手のひらを返す様な態度は、死んでもしないでしょう...中国の今の体制が崩壊しない限り、友好なんて、茶番です。もし、中国が、そうゆう態度をした時は、何か別な目的が有るときです...日本はそれを汲取ってはいけない...知らん顔すべきです...向こうが要求するまで...。

こんな事を書いていますが、私は、別に中国人が嫌いな訳では有りません。中国と言う国が怖いだけです。...中国人は、情が深い分、反発も火山並みです。
日本人のように、憎しみを増殖させてはいけないとは考えず、憎しみは伝染しやすく、その怒りは、共食いしても静まる事はありません。

謝罪と賠償...これだけで済むはずはありません。
日本はいったいどうなるんでしょう...?

また、地検が地検の判断だけで本当に動いたとは思えません。
内閣つぶしが国内で始まっているのでは?
...もし、そうなら、日本の政治は、いつまでたっても、ただの権力争いしか出来ない無能な政治家の集まりだと評価せざるおえません。
日本国の問題に、政治家は、派閥や政党の垣根を取り払い対処出来なければ、武力無しで諸外国に対等する事など...。

自民党も、公明党も、民主党も、内閣を非難する前に、解決策の為の話し合いを!と提案するのが、本来の姿でしょう?...まったく、出て来た答えが政権交代?解散?...まったく...どこまで幼稚何だか...こんな人達に一票を入れたかと思うと、情けなくなる。

もっと情けないのは、民主党内で、今の内閣...特に菅さんを責めるコメントをしている方達が、小沢さんだったら...と考えているとか?...ということを書いている記事があること。
もし、これで、首相なり党首なりが変わって、中国が軟化したら、それこそ党内での脚の引っ張り合いに、中国にちょっと協力してもらったのか?とさえ考えてしまう。
それこそ、権力の為に、日本を危険な状態にしても構わないと言っている様な物...このタイミングで出す記事ではないのではないかと思う。
選んでしまった以上、もう少し、経済的にも対外的にも安定するように協力するのが政治家の務めではないのか?...ましてや、同じ党内にいるのなら...いつまで内輪もめを引きずるつもりなのか?
小沢さんはもう次を見ているはず...こだわっているのは、周りをぶんぶん飛んでいるたかりハエみたい...せっかくの小沢さんの人柄を、逆にややこしくしているとは思わないのだろうか?

日本がぎゃふんと言わせられる...脅威に感じさせられるのは、日本の技術であり、志であり、思いやりであり、そして、イザという時の団結力...権力争いに夢中で、力を合わせられない日本人なんて、鼻くそにも及ばない...と思うのですが?...政治家の皆さんは、そうは思わないのかしら?
[PR]
by marquetry | 2010-09-25 10:29 | Track Back

真綿で締める...。

中国社会 - エキサイトニュース

中国の外交というか、戦術は、本当に将棋やチェスのようだ。
原爆や、軍を使わなくても、日本は、ほんのちょっと仰いだだけで、グラグラ揺れる...中国としては、利用出来るだけ利用して..いらなくなったらポイの感覚だろう。
技術が欲しい時は、友好的だが、ひとたび、その浸透が見えると、閉め出しにかかる。煙の無いところに、火を起こすのが上手い。一度消えた火元にすら、何度でも、点火する。

日本の国債をあらゆる手段で買っていた姿勢は、いまでは、日本の破綻を望んでいるかのようにすら感じる。
尖閣諸島の事件も、計算づくだと思うが、これをきっかけに、一気に畳み掛ける事が出来ると、日本を脅している様なものだ...。あらゆる資源をかき集めている中国ですから、そろそろ決着をつけたいと、このタイミングを狙っていたのでは?...オーバーアクションで注目を集め、尖閣諸島はウチの領土!ついでに、沖縄近郊まで、領海を広げるつもり?...いまなら、国際社会も、中国の市場欲しさに、味方になると踏んだか?...歴史的に、国際裁判を無視し続けて来た中国ですが、きっと勝算があって、騒いでいるのでしょう...本当に、上手い。

民主党が親中的だと先月までは、自民党と比較して、誉めていた中国も、今では一変して、批判的...マスコミの使い方も上手い...。

経済的にも、国際社会的にも、追い込まれる事は必至...この難局を、日本は乗り切れるのか?...その為には、すべての党の協力が必要でしょう...。
自民党を始め、解散総選挙など内輪の問題どころではないはず...。
いつまでも、政権や、政党にこだわっていたら、それこそ中国の思うつぼ!
今こそ、政治家が一致団結しなければ、国内外の問題を対処することは出来ないでしょう?

実際、国際社会は、中国にこれ以上大きな顔をさせたくはない...が、成長期の中国が世界の注目の顧客である事は否めず...マスコミを使った演技だと解っていても、日本の味方をすることはないのでは?...。

中国は、日本の評価が上がる事が鼻持ちならないの...。
ましてや、今ではインターネットで色んな情報を見る事が出来る訳で...中国と言えども、すべてを管理はしきれなくなっているだろう...。
そのなかで、自分たちが知って来た情報と世界の認識が違う事が解れば、中国国内での暴動は避けられない...その矛先を日本に向けておくのが一番の対処方法なのかもしれない。

中国は、この後何をおねだりしてくるのか?もしくは、一気につぶしにかかるのか?
どこかの漫画で、日本の南側が中国で、北側がアメリカになる話が合ったが...沿うならない事を祈るばかりです。
[PR]
by marquetry | 2010-09-21 11:04 | Track Back

あいかわらず...

経済総合 - エキサイトニュース

あいかわらず、なんだか釈然としない事を政府はやっている...と、感じるのは、
私だけだろうか?

米の生産調整である減反を条件に、戸別所得保障制度が受けられると言うもの...。

確かに、米から、他の作物に切替えるのは大変な事だと思う。
でも、それで、自給率を高めるのが目的...って、おかしくないですかね...。

本来やるべき事は、輸入品におされ、下がり続ける価格を何処かで止める
と言うシステムではないのだろうか?
苦労して育てても、二束三文でしか売れなければ、だれもその仕事を続けたいとは思わないし、作った物が規格外だからと言って捨てなくては行けないシステムでは、作る方の気力も下がると言うもの...。

不況だから安くなった訳ではなく、流通や規格や品質の規制にどこか歪んでいる物が有るからではないのか?

こんにゃくゼリーの安全性を研究するお金があるなら、
農家の培って来た知識や経験を、科学的に証明するとか、
生産と同じだけ出ている生ゴミがどうしてなのか?真剣に考える方が、
ずっと有効的な税金の使い方ではないか?

見てくれが悪いと売れないとか、そんな事言えるのは、物が余っているからでしょう?自給率を上げたいなら、輸入を少しずつやめ、自国生産に移行出来る物を、増やして行く事の方が、モトッモな事ではないのかしら?

輸送費や、消毒、検疫等にかかる費用もうくし...そうゆう事が、
無駄遣いを無くすってことだと思うんですけど...。

素人考えでしょうかね...。

減反政策も納得出来なかったけど、今回はもっと納得出来ないわ...。

農家は人手不足....でも失業者は多数いる。
介護者も人手不足..でも失業者は多数いる。

この現実は、仕事に見合った稼ぎが出来ないことが大きな理由だと解りますよね?
その事事態が、もっとも解決すべき社会の問題ではないのかしら?

結局、税金を使って保障を給付しても、農家離れも、自給率も、
改善するとは思えないんですけど....。
[PR]
by marquetry | 2010-07-16 13:11 | Track Back

抑止力信仰を止められるか?

Excite エキサイト : 社会ニュース

戦争の放棄も非核三原則も無くしてはならない日本の誇れるものだと思いますが、一方で、現状微妙なバランスを保つことになってしまった核...持つ事でバランスが取れているとさえ言われ、核保有国は増えている。

いっそ、核が無ければ、武器にはならない...一掃出来ればそれにこした事が無い。
だが、一度持った保険を、捨てることは可能だろうか?
世界同時に事が起きなければ、一掃とは言い難い。
核を保有している国は、核の威力を知ってる上で持っている。
核のエネルギーは莫大で、効率的な動力源にもなる。
が、一方で、原子力というエネルギーは、いつでも武器に代えられる...とも言われている。本当に、核を廃絶したかったら、エネルギー問題も含めて、廃絶すべきではないのか?

また、もし、それが可能になったとしたら、それは、核に変わるものが出てくる事を意味するのではないか?
結局は、鬼ごっこのようなものかもしれない...これを止める為には、科学の進歩や発見時に相殺するものをペアーで見つけなければいけないようにしなければ、止める術が無い。放射能の恐怖には電子の欠損を止める術が無ければ、核を使う事を科学者は認めるべきではなかった...と思うし、自然に返らない...分解出来ない素材を製品すべきではない...。生と死が背中合わせのように、発見も、発見したものの存在と、それを打ち消すものとを一緒に発見しなければ、発見した事にならない!と言うようにすべきではないか?それが、本来の抑止力バランスだと言えないか?
それが本当の発見であり、科学の進歩ではないだろうか?

自然の世界に習えば、自ずと、そうゆうことに気がつきそうだが...。

悲劇を繰り返さない為にも、もう一度、抑止力を考えるべきだと思う。
できれば、武器を互いに持つ事でバランスを保つと言う事をしないように...。

変な考えですが、日本は、拳銃を持つ事が出来ません。
そんな日本でも犯罪は起きますが、銃で無造作に殺害されると言う事件は少ないはず。持たない事の安全を知っているのは、日本人だけです。
国民が、持たない事の安全に埋もれている気もしますが、一人一人の意識が、今までずっと銃を持たない事を何気に、健気に守って来たから出来る事です。
一度持ってしまった武器を捨てる事は勇気が必要です。
日本は戦争に負けた事で、強制的にそうされましたが、その結果が今に至ります。

過ちも、悲劇も体験した日本だけが、語れる事だと思うんですよね...持たない事の苦しさ...それが如何に大変かってこと...そして、それが如何に大事な経験かってこと。

国防に必要だと言われる核抑止力...でも、出来れば、そんな事にならない事を祈ります。世界から、戦争が無くなる日を願って...。
[PR]
by marquetry | 2009-08-09 15:06 | Track Back

大事にしたいですね...。

Excite エキサイト : 社会ニュース

宿泊客として最も評価が高いのは日本人!...とっても喜ばしい事です。
(約4500人のホテル関係者を対象に実施された結果)
勿論中には、大変な日本人もいるでしょうが、平たく数字でみると、こうゆう結果らしい...。
以前、よく遊びにいくブログ(私がローマで独りではじめた訳...)で、書いていた事ですが、世界的にみると、日本のように、人間は生まれながらにして善であるという認識は珍しいのだそうです。世界...つまり仏教以外と言ってイイと思いますが、人間は生まれながらにして罪深く、悪であるという意識が大きいとか...。
...つまり、多くは、自分を守る事で精一杯で、他人を信じるとか、他人の行為を素直に受ける...なんてことは、考えられないのかもしれませんね...。
日本にいると、当たり前に過ごせている事が、実は世界を見ると稀に平和なのだと、改めて感じます...。....まぁ、その平和ボケのせいで、日本人が日本人である事を意識出来ないとか、自信を持てないとか、国内的には、日本人特有の問題も多いですけど...。

どこに行っても、どこで過ごしても、日本人の他人を気づかう習慣を大事にしたいですね...。
[PR]
by marquetry | 2009-07-10 17:41 | Track Back

真実の行方?...

Excite エキサイト : 中国ニュース

南京大虐殺について、賛否両論ある中、日本ではあまりにも公開されている事実が少ないと私は思う。それは、事実じゃないから無いのだ!とも言えるし、別な理由で、絶対に公にしたくない事が有るとも言える。

私は、歴史的事実がどうであれ、映画の配給をしない事自体、日本の映画界に対し、また、外交、政府、国の対処に、疑問を持つ。
映画は映画である...歴史的事実の真実かどうかより、そのメッッセージを受け入れるかどうか?が大事だと思う。戦争という異常な状況で人はどうなってしまったのか?戦争を知らない者達にも、見るという経験は有っていいと思う。
また、有るひとつの方向から見た場合でメッセージは作られる...それが、他方から見たら違うというなら、日本でも、日本から見た出来事を映画化すればいい。
事実はこうだ!と言えるなら、それを映画化すればいい。
沈黙が何を意味しているのか?当時生き抜いた人達が沈黙しているのは、真実を明かす事が決して平和に結びつかない!と考えているからかもしれない。

私は、戦争を忘れないように!とは思うが、こだわって生きたいとは思わない。
祖先や過去を引きずって、いつまでも憎み合うくらいなら、忘れて仲良くなる方を選びたい。...忘れる事が無理でも、こだわる事を止めたいと思うだろう。
それは、私が戦争未経験者だから、言える事なのだとも思いますが...。
中国はそうゆう民族ではなく、末代まで、その責任や行いを問われるらしい...。
そんな考え方の違いを、どう乗り越えていけるのか?
逆手にとれば、恩も末代までつづく....中国は、その事も民族の誇りとしているでしょう。日本は、そう対峙していくしか無いのかもしれません。

私は、この映画を見てみたいと思いますが、日本で配給してくれるところは、結局無いんでしょうかね...残念です。
[PR]
by marquetry | 2009-04-17 11:41 | Track Back

臓器も、自給自足!

Excite エキサイト : 政治ニュース

年齢の問題じゃなく、理解の問題でしょう?
何歳だろうが、健康で、移植可能で、感染等の恐れが無いなら、了解してくれる人の臓器は年齢制限をせずに全て受け取るべきじゃないですか?
だいいち、制限すべき一番の問題は、利害や利権、それを商売にしたり悪用する事でしょう?そっちを管理すべきでは?

臓器移植の理解は、今まで放置されて来た分、他国より日本は遅れていますし、臓器提供の理解度も低いです...それは、臓器提供カードを作りながら、説明や理解の努力をせず、病院も臓器移植に対して尻込みしてしまったからではないですか?

自分が移植の必要な病気になったら、移植リストに名前を載せたい!と思うなら、自分は臓器提供の意思をYESにすべきです。
意識の無くなった自分に対し、家族や周りの人間に、延命装置の電源を切らせるような残酷な判断をさせるくらいなら、生きているうちに、意思表示すべきだし、それは、提供カードではなく、健康保険証に記載されるべきです。
だって、臓器提供は国の財産ですから...。
そして、命が繋がっていくのであれば....その命は、国の財産でしょう?
[PR]
by marquetry | 2009-04-10 10:46 | Track Back



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧