To tomorrow From yesterday

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さて、どうしたものか...。

パソコンも順調に動き、ソフトも快調に動き、
単発のバイトも決まり、なんとか、図面の勉強時間が稼げるめどがついたところ...。土曜日の朝、以前お世話になったお客さんから、『水曜日、社長が自ら面接するって言ってるから...』と連絡が入る。
うれしい気づかいに涙が出るが、どうして今なの?
3月からなら迷わずなんてラッキーな事だと受け取るところだけれど、事情を聞けば、問題なければすぐにでも出勤(現場)してほしいとか...。

ありがたい話だけど、2月から?せっかく先生のところにパソコンを移動する予定だったのに、2月から現場じゃ...あぁぁぁぁ。

もちろん、面接してみなきゃ、給料や条件を聞かなくちゃ、どうなるかわからないけど、私試されてる?もしかして、現場も図面も程々にやって行きたいなんて呑気な事言ってるのが許されない?...どちらかに決めろって言ってる?...ましてや、ケチで有名な社長のところで?

なんだか、恵まれてるんだか、遊ばれてるんだか、わからなくなって来たわ...。

気持ちがソワソワして、ちっとも図面は進まないし...。

いかんいかん...いったい何を試されているんだろう?

また、あの説教を思い出す。
洪水に遭ってる中、自分は神に守られてるからって避難せず、救命ボートにも乗らず、死んでしまった男が、あっちの世界で神様に『どうして、私を助けてくれなかったのか?』と聞いたら、『私はボートもヘリも差し出したのに、どうしてお前はココにいるんだ?』と言われた話を...。

私は、何かに依存している訳ではないから、これにあてはまる訳では無いけど、なんだか、私に勉強はソコソコにして働きなさいって言われてるのかしら?って思う...。
もしくは、現場にもどれと?...アァアアア良く解らない!...どうしたものかしら?
[PR]
by marquetry | 2011-01-30 23:09 | ダンボの耳

最近、お気に入りのCM

最近、耳をそばだてながら聞いてしまうCMがある。
深津絵里とリリーフランキーが夫婦役で、
ぼそぼそ...っと二人が会話する...。

今まで、インパクトある(意味不明だけど強烈な××××ちゅ)CMだったDaiwa houseが、いきなりの方向転換。

ピアノの音が流れると、リリーフランキーがつぶやく
「また、くだらないことで、喧嘩した...」
深津絵里が、答える
「...どうでもいい事って思っているとこが、すでにダメ...」
Li「あれ?俺が悪いの?」
Fu「...あやまれば許してあげてもイイけど...」
Li「俺は、簡単に頭を下げる男じゃない!」
...そのセリフの間、仕事でお客様に頭を下げているシーンが流れる。
Fu「...都合のイイ時にだけ、男になるね~」
Li「...やっぱ思っちゃうか...」
Fu「でた!その場しのぎ...」
Li「じゃぁ、どうすりゃいんだょ...」
Fu「考えなさい...?」
Li「頭よくないんだょ」
...リリーフランキーの仕事している姿と深津絵里の日常の姿が、交互に入る。
Fu「若いころはもっと...」
Li「何?」
Fu「...(思い出し笑いしたような微笑の声で)若いころから、たいしたこと無いねっ」
Li「後半に伸びるタイプなんだョ(少しテレ声)」
Fu「歳とっても、大事にしてあげないっ」
Li「いいさぁ...」
Fu「...蹴っ飛ばしちゃうかもよっ」
Li「いいさぁ...そのかわりぃ、俺より長生きしろょ」

...ここで、二人の時間が一緒になる

Fu「おかえり!」
Li「ぁあ...」

...ここでCMは終わる。
CMの題名には『ここで、一緒に』篇となっている。

こんな風に、力が抜けてて、でもしっかり見てて、...ここでつながっている、
そんな時間と空間が、ここにはある..。

家を建てるのも、見つけるのも大変だが、
そんな相手とめぐり合うのは、もっと大変...。
そして、そんな相手や家を維持するのは、もっともっと手間隙がかかる...。
...、手間隙がかかるから、大事にしたいって思えるのかもネ...。

なんとなく、なんとなく、イイ感じのCMです。
[PR]
by marquetry | 2011-01-27 23:18 | 明日へつなぎたいもの

『ハンコック』

超人ハンコックの物語。
これが以外と心に響いた。
一見、単なるヒーロー物かと思いきや...私のイメージは覆された。

ハンコックは、記憶が無いまま80年を過ごす。
力持ちで、空も飛べる...、彼は、勿論その力を人助けに使っているんだけれど、何故か助けた人からまで、非難される...誰も、彼のした事を喜んでくれない。...超人的な彼がジャンプをすれば道路には大きな穴が出来、彼が悪人を投げ飛ばせば、周りの建物ごと一緒に破壊してしまう...加減をすればいいのに、彼はどこかひねくれていた...彼を理解してくれる人も、彼に感謝する人もいない...彼に近寄ってくる女性すら、まるで性的欲求のハケグチの様に彼を通り過ぎて行く...彼は孤立していた。

ある時、踏切に閉じ込められた一人の男性を車ごと助けた...そう、車ごと線路から投げ飛ばしたんだ。当然、命は助かったけど、そのとばっちりをくらい、車をつぶされた運転手や周りは彼にBoooイング..非難される彼は、いつもの事の様に、苦虫を噛んだ顔になる。
助けられた彼は、Boooイングの波を割って、彼に感謝する...そこから、ハンコックの日常が変化する。...助けられた彼は、自宅に招き、妻と息子を紹介する。

この物語の中で、超人ハンコックは、実は数千年も前から人類に溶け込んだ天使や神で、ゆうに三千年以上の歳になる事が明かされる。...この地点でも、単に超人ヒーローと欧米お得意の堕天使の融合か?と思われるが、その設定が変わっている。

数千年前、ハンコックと同じような超人が、何組も地上に降りる。
現代で言うところの神は、彼らが愛を知り、夫婦となって一緒に過ごすうちに、その超人の力がなくなる様にした...人間と同じ様に過ごせる様にと。
つまり、愛し合い、共に過ごすという事は、やがて命の終わりが来る道を選ぶことになる。逆に、惚れていても離れていれば、不死身のまま何千年も生きられる訳だ。
ハンコック以外の超人は、皆、共に愛し合い、特殊な能力は消え、人間と同じ様に、事件に巻込まれたり、歳を取りながら死んで行っしまった。

彼は、80年前まで、一緒に地上に降りた彼女と共に過ごしていた。それまでも、何度も命の危険にさらされ、その度に二人は離れ、また引き寄せられる様に出会い、求め合い、力を失いそうになる頃、また何かの事件に巻込まれ、どちらかが命の危険にさらされ、その度にハンコックは彼女を助け、ひとり離れて行く。80年前、デートの帰り道彼と彼女は暴漢に襲われる。彼女を助けようと戦う彼は、頭蓋骨が骨折し倒れる...二人で過ごしていたせいで不死身の体は不死身ではなくなっており、救急車で運ばれ、緊急手術を受ける...手術後意識は戻るが、命の危険は消えない。彼女は病室で意識が戻った彼に駆け寄るが、彼は記憶を失っていた...彼女は、彼の為に、病室を離れ、姿を消す。

ハンコックは彼女が去った後、1時間で切り傷も頭蓋骨骨折もすっかり直り、記憶が無いまま退院する...新聞に載る程の出来事だったが、誰もハンコックを訪ねたり、探したりする者は現れなかった...彼は、消えた記憶の中で、自分は誰にも探される事の無い存在だったのだと思いながら80年を過ごすことになる。自分を知らない自分と、自分を理解してくれない世間の中で、彼は、漂う様に生きていた。

物語は、ハンコックの消えた記憶を知る人物との再会から急展開する。

私は、愛しているからこそ一緒にいたい...お互いに生きる為には離れていなければならないという運命なんて認めない!そんな運命は自分の手でかえてやる!って思う性格...でも、そう思いながらも、愛した相手が生きている世界を愛おしく思う自分もいる。...もし、私にどちらか選択を迫られる時が来たら、私はどっちを選ぶんだろうか?...やはり、彼が生きている世界を選ぶだろうか?
何千年も、彼が誰かの側で子供を抱き微笑んでいる姿を見守る事が出来るだろうか?...あるいみ、なんとも切ない物語だと思う...映画自体はちってもそんな重々しいモノではないけれど、私には、なんとも切ない愛の物語にしか見えない。現代版フランケンシュタインというところだろうか?

ただ、見終わった後、私は、自分の中に存在する、ほのかな温もりに触れた様な気がした...私にも、まだ、そんな気持ちが残っているのかもしれないと、少しだけ勇気をもらった様な気がした。
逢えない事が最悪なんじゃない、彼が幸せかどうか?感じられない事が、信じられない事が最悪なのかもしれない。...私は、まだ、ちゃんと愛せる...そんな気持ちにさせてくれた、そんな映画でした。

きっと、他の人とはズレているかもしれないので、参考にはならないかも知れませんが、良かったら、一度見てみてください。
[PR]
by marquetry | 2011-01-15 01:01 | 映画、書物

感謝の日...。

時計を身につける癖の無い私は、昨日、時間の確認が出来ず、
休憩後の説明に遅刻した。
ウチにある時計は、10年以上使ってないものばかり...。
現場では、家具等に傷を付けるので、腕時計等の貴金属は身につけない...だから、
当然電池は切れている...そんな時計がふたつ...。
アルバイトを決めるとき、必要条件だったスーツ...これも、持っていなかったから、2セット程用立てた。勿論、余分なお金はないからカードで分割払いした。
分割払いを資金繰りに入れて、これからの予定を見直し、どうやっても、不足分が増えるばかり...どうやって、稼ごうか?...今のバイトじゃ追っ付かない...もうどこからも絞り出てこないぞ!と落ち込んでたばかりなのに、今度は時計か...電池交換だけならそんなにかからないだろうけど、ベルトのないのや、内部が結露しているものとかだから、中を開けてみないと、直るのかどうかすらわからない...ひとまず、1個は活かせるだろうけど...と、どこから、お金が降ってこないかと考えながら眠りについた。

今朝、一級建築士先生からの電話で目覚めた。
図面をまだ書き上げられていない事、アルバイトが決まった事、
図面を書き上げて来週先生と連絡を取る事などなど決めて、
就職支援センターに...。
5枚しか出力出来ないのだけど、来週は相談に来ないで図面に専念しようと思う...
と伝えると、少しだけ多めに印刷してくれた。
面接した人数や、まだ採用前の保留の人数、頻繁に募集しているところか?とか、
参考になる情報をもらい、これからこんな感じで就職活動やバイトや勉強を、すすめて行こうと思う..と話すと、賛同してくれた。建築士の合格も応募の枠が広がるし、CADを使えて、確認申請までひととおり図面が書ければ、もっと枠が広がるし、条件もいい物が出てくると、図面を優先する事を応援してくれた。

お昼に、お気に入りのラーメン屋さん『北山龍』に行き、
ジンジャーソルトラーメンを食べた。
ココのラーメンは、自家製の酵母を使った醤油や、モンゴルの岩塩など、食材に気を使っているせいか、とってもやさしい味で、体がとってもご機嫌になる...。
ラーメンを食べながら、久々に店主と話をし、今までの事をさらっと説明した。話の途中、辞めた会社の社長から、埼玉で○○ハウス(最近なんとかチュで有名)が積算のできる人を捜してるんだけど、言い値で給料出すって言ってるから行かないか?と連絡あった。
私は、やっぱりとても廻りに恵まれている...だから、色んな縁が私を助けてくれると...。ラーメンの店主はこう言った『埼玉に行ったら、したい仕事のスタイルは出来ないと思うよ...せっかく進んだ一歩が、また逆戻りしてしまうんじゃない?...』

体がご機嫌になったところで、税務署に確定申告...退職したので、年末調整を自己申告。
!!!!戻り分が丁度分割払いの不足分!!!!やったぁ〜!!!!!
ルンルン〜♪気分で、時計のお医者さんへ〜♪
1個は電池交換で1,650円、もうひとつは、中が錆び付いて、部品交換や、ベルト、クリーニングに電池交換等等しめて30,000円弱................ガーン(笑えない涙)。
どうしよう...どうしよう....。
時計のお医者さんに聞くと、今の日本の時計は、数年で部品も無くなり修理する事が出来ないため、買い替えるしか無いのだけれど、この時計はスイス製で、部品があるそうだ。

実は、この時計は、以前つきあっていた彼にあげようと買ったもの...。あげる前に別れちゃったので、使わずにホカしてた...十年以上も経ってしまったので、ベルトの革も割れて捨ててしまった物だった。
私の手首には大きすぎるほどで、時計の部分で手首が隠れる程...時計のお医者さんは、選んだステンのベルトでは、ベルトが短すぎて、切り詰めができないかも?と。

30,000円もあれば、今風の時計は購入出来るけど、日本製は部品を長く保管しない...。
ならば、この時計は直せる技術者がいて、交換出来る部品があるのだから、直す価値が有るのではないか?...ひとまず、ベルトがくるまで入院してもらい、退院のときにカードで支払うことにした。痛い出費だけど、なんとなく、今の私に必要な判断だった様な気がした。

明日は、図面に浸るつもりで、来週分の食料を買って家にもどった。今日中に仕込みをしてしまうように...。
家に戻って、ひとつは炒めた骨付き鶏肉モモと炒めた人参とこんにゃくと椎茸を合わせて、冷凍保存していたすったショウガと酒蒸ししてから、鰹とコブでとった出汁で煮込み、蕎麦用に作っておいたかえしを加えてコトコト煮。ひとつは、余分に炒めた先の鶏肉に、なすとマッシュルームとタマネギをみじん切りにして一緒に炒め、すりショウガとニンニクのみじん切りを加えて、そのまま鍋に蓋をして蒸し焼き...日本酒を加えて更に蒸し焼き...野菜から水分が出てヒタヒタになったら、すった人参を加え、一煮立ち...カレー粉にクミンとバジルを余分に加えて一煮立ちして火を止める。明日、コトコト煮て、味が足りなかったらカレールーで調整して出来上がり。

料理の合間に、就職支援センターからもらった資料を見ながら、Gさんと電話していたら、物件が取れたら現場受けるか?と話が有った。
また、もらった資料に以前現場でお世話になっているところを見つけた。現場管理の職で求人している...まさか、管理していたKさんが辞めたのか?と思い、携帯で連絡してみたら、元気でいまして、来週会うことになった。

...お金は、何とかなるかもしれない...
ふっとそんな気分になった。
今日のお昼のラーメン屋の店主(女性)に、こう言われたのを思い出した。『もし、目先のお金を求めて行ったら、去年からお金に苦しみながら取った試験や生活をかえり見ずやめた仕事が無駄になるんじゃない?...大丈夫、お金は後からついてくるから...頑張った人にはちゃんとチャンスはやってくる!大丈夫、ココでも仕事は見つかるよ...ここでも思い描いたように進んで行ける...ここで根をはってもいいんじゃない?』
そうかもしれない...だって、ここには感謝出来る人達がいっぱいいる...そんな人達に囲まれているココだからこそ頑張れる...やっぱり私は恵まれていると思った。
...今日有った色んな事に、そして、力になってくれる人達に、
今日のありったけの感謝の気持ちをこめて
『がんばるぞ〜!!!!!お〜!!!!!』
[PR]
by marquetry | 2011-01-14 23:31 | 明日へつなぎたいもの

かぎりなく危ない香り・・・

去年の年末、アルバイト採用の話を少々書きましたが、
結局、マッサージの方はお断りしたんです。
・・・かぎりなく危ない香りが消えなかったもので・・・
で、その後、いろいろ調べていましたら、
昔のソープ、ちょっと前までのヘルス、ファッションエステなど、
最近では「リラクゼーションマッサージ」という名が多いそうで・・・。
当然、風俗の許可はなかなか下りない昨今ですので、無許可が多いんですが、
なんと、リラクゼーションマッサージの中でも、
リンパマッサージの半分くらいは、性感マッサージなんだとか・・・。
ソープなどで、リンパ節のソケイ部マッサージは、代々伝わる施術の一つだったらしいですから、
「リラクゼーションマッサージ」やら「リンパマッサージ」など、ひと括りにしてしまうと、
風俗なのか?美容エステなのか?純粋なマッサージなのか?境界線は難しい・・・いっそのこと、
医療技術にしてしまえばいいのに・・・。
まじめにリンパマッサージを営業している店を見分けるのは難しい・・・らしい。
トーンの落とした照明に、短めの白衣制服・・・あながち
私の勘は、外れてなかったのかも?と、思っています。
なんたって、割り切るのは、施術の女性任せ・・・。
実際リンパマッサージで気持ちよくなることがあるのは、私にもわかりますが、
「立っちゃったぁ~ごめんなさ~い」を期待してくる男性が多いのも、
前面には出してないにしても、それが裏の売りだとすれば、うなずける。

去年、携帯の無料体験版で、馬券を買うというのをすすめるものがあり、
面白半分で登録したら、まぁまぁしつこい電話・・・。
一回かかってくると、1時間や2時間は話して、なかなか話が終わらない。
恋人でもない相手に、誰がそんなに話すことなんてあるもんか?
話を聞くと、当たり馬券を予想して無料で教えてくれるので、それを決められた金額以下で買って、競馬に参加する・・・というもの。私は結局いろいろ話を聞いたけど、馬券を買いに行けず、無料の期間をやり過ごしてしまった・・・まぁ、ギャンブルに縁がない私ですから、そんなもんだと思っていましたら、
通日後、その親会社のような雰囲気のところから電話がかかってきた。
書類を送ったから、よく見て参加するようにと・・・。
結論から言うと、向こうの言い分は、せっかく無料の情報提供を活かせずに、競馬の面白さを体験できなかった人たちに、普段個人を相手にしていない私たちが特別に情報を教えるので、とにかく一度参加してほしいと、先の体験版の会社の社長から懇願され連絡するにいたったと・・・。
・・・これを、私の頭の中で直訳すると、
「・・・姉さん、せっかく出来レース仕込んだのに、参加しなかったんだって?ウチは普通素人さんは相手にしないんだけど、俺の子分の面子もあるし、今回限りにしてあげるから、必ず参加してもらわないと困るんだよね~」・・・って感じ?

私の好奇心が、たまに、変なものまで引き寄せるようで、
たま~に、かぎりなく危険な香りのするものに近寄ってしまうときがあります。
皆さんも、気をつけてくださいね?

えっ?・・・競馬の結果?もちろん、参加料までとられて、馬券買ったわよ~・・・でも、向こうの言うとおり買っていたら、大損だったわね~・・・私?私の勘にしたがって、別な馬券も買いましたので、損はしなかったです・・・。馬券売り場のおばちゃんたち(初めてでしたが)も、大喜びするくらい、びっくりしてた当たり馬券でした。

今年は、このような危険な香りに、好奇心が引き寄せられないように、切に祈る私です。
・・・どこにでも、いつでもそこに潜む危険・・・ととのいました?
[PR]
by marquetry | 2011-01-07 22:28 | ダンボの耳

あけましておめでとう!!!

今年も始まりました!おはよう〜!

いつも、読んでくれてありがとうございます。
また、コメントをいただいている方々には、大変感謝申し上げます。
写真も、何も無い、文章だけのブログでは、物足りない事も多々有るかと思いますが、
本年も、このスタイルで行きたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

私の年越しは、TOM waitsのHold Onを聞きながら始まりました。
今は、if ain't Got Youが流れています。

昨年は、迷いの年でした。
今年は、もう少しだけ、迷わずに行動出来たら...と思います。

先日話した、バイトの件...実は、ブログを書いた後に、マッサージの話はお断りしました。...マッサージや、食事は、私にとって、個人感情が有り過ぎて仕事には向かない...前々から、感じていた事です。...かといって、コールセンターのバイトにOKはまだしていません。
正月明け、少しだけひとまわりしてからにしようと思っています。

年越しは、前の前の社長...もう社長じゃないので、Gさんと呼びましょうか...
Gさんとその奥さんと一緒に過ごさせて頂きました。
去年、孫が生まれ、とても大きな支えになっていた二人に、二人目の孫のお話が...。
二人の幸せな苦悩が伺える年越しとなりました...。

私は...よくわからないけど、本日一眠りしたら、パソコンを開き、CADソフトを開く前に...宝くじの結果でも見ようかな?

Ooo Baby baby...が丁度流れてきました...。
良い初夢を祈って...明けましておめでとう...♪
[PR]
by marquetry | 2011-01-01 02:20 | 明日へつなぎたいもの



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧