To tomorrow From yesterday

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

石けん(3)

石けんについて書き始め、三回目。
端折った説明では、説得力に欠けてしまうが...ひとまず終わりにしようと思う。
最後に、実際使ったものの感想を書いておこうと思う...びっくり!!した順番に。

第一位は、石けんでの洗髪+クエン酸リンス
私はゴワツキがあまり出ませんでしたので、
余計にビックリ!!だったのかもしれません。
また、髪に張りが戻るとは、この事かもしれません...なんたって、
久々に寝癖がつく程に。
たぶん、どんなシャンプーやリンスやパックをどんなに駆使して使うよりも、
髪が喜んでいる実感を得る事が出来るでしょう...。

第二位は、食器洗い石けん+酢水and洗濯石けん+酢水
クエン酸も、酢水も、石けんの残りを中和する役割で使用します。
洗濯では、これが、柔軟剤代わりになる事を、以前も書いたかと思います。
この、方法で使用して、一番ビックリ!!したのは、排水口の匂いです。
今まで、どんなにカビキラーや、パイプマンを使っても、
2,3日経てば結局ドブ臭い匂いがしましたが、現在は温泉街のお湯の匂いです。
硫黄の匂いではありません...もっと呼吸が楽な匂いです。
これは、石けんだけの影響ではなく、愛媛AIの効果もあるかと思いますが、
今では、ドブ臭い匂いが、部屋の床から15cmまで蓄積し、歩く度に、
鼻先に上ってくる...、なんてことは有りません。
...布団に眠っていて、悪臭で目が覚める事も...。

第三位は、洗濯石けん
私は、もともと、綿製品が好きでしたので、それらはご機嫌な仕上がりです。
ゴワツキも、ガサガサも、毛羽立ちもなく、ふんわり仕上がります。
綿と麻の混合も問題無し、ナイロンもエセテートも大丈夫...。
ビックリ!!!!は、ドライクリーニングマークの物。
今まで、高いお金を払っていた、ウール100%のコートや、
綿100%のレインコート(奇麗な卵色なのに襟や袖口が黒ずんで...)
夏物のレース風のスケスケ生地もの等等、
ドライクリーニングすら×マークのジャンパーや整形のベレー帽なども、
まとめて、風呂の残り湯に石けんをよ〜く泡立てた中にいれ、つけ置き10分、
足踏み洗い...3分...黒ずみをモミモミしながら、やっぱり取れないかも(涙)
なんて思っていたら、同じように、すすぎを3,4回繰り返すうちに、キレイな色に!
ジャンパーなんて、クリーニングに出しているのに、足踏みしたとたん、
石けん水が真っ黒になったのを見て、かなりショックだったわ〜
何っ!ちっとも汚れ取れて無いじゃん(怒)
このジャンパー、10年以上着てたのよ〜この汚れじゃ、痒くもなりそうだぁ(涙)

なんだか、クリーニングに出していた自分が、悲しくなって来た。
世の中に誠実な商売をしている人って、いったいどれだけいるんだぁ
====っ!バシッ!ボコ!

試していない素材はシルク...の着物。
シルクのハンカチは問題無し...紬の着物は洗ってみようかと思っていますが、
刺繍や染め物はどうしようか?と躊躇します...まだ、勇気がない。
さすがに失敗しても、代わりの着物を買えるお金は、
今の私には無いのですから...ははは。

ちょうど、20年前は石けんにしようと思って使っていた私、
石けんの残りかすが衣服に残ったり、油汚れが上手く取れなかったりと、
石けんの扱いに手間どうわりには、汚れが落ちず、
断念したことも有りましたっけ。
でも、今では、水でもちゃんと溶けますし、独特の石けんの匂いも
有りません(鼻につく匂い)
洗濯機のカビも取れているようだし...しばらくは、
石けんに魅了されそうな私です。
...手荒れが無くなった分、洗物が気持ち的に楽になりましたし...。
海にも、小さな子にも、安全となれば、今の所、
使わない理由は見当たりませんしね...。

また、新たな発見があったら、書きたいと思います。
皆さんも、『石けん』を見直してみませんか?
化学洗剤や、合成洗剤と変わらぬ洗浄力と、塩素系の漂白剤を使わなくても十分石けんは白い物を白いままに維持します。合成洗剤の方が、グレーがかったり、黄ばんだりするように感じます。
皆さんにも、是非使っていただきたい!です。必ず、ビックリ!!すると思います。

世の中、常識だと刷り込まれている事、以外と多いのかもしれません。
疑ってはキリが有りませんが、鵜呑みにするのも、気を付けたいですね。
あとは、実感した時の確信に勝る物は有りません。
他よりは良いけど、何となく使ってる...と言う方、
是非、安全と安心を実感してください。
...m(_ _)m...なんだか、やすっぽい宣伝の台詞のようですが、
本当におすすめです。

追伸...石けんで洗うと、手に傷が有っても、痛く有りません。
シミないの...なんでだろう?おかげで、傷口もちゃんと洗えます。
痛みが有るのは、石けんと書かれた偽物だと思ってイイかもしれません。
香料など複合されててもしみます(>_<)
[PR]
by marquetry | 2009-05-16 00:15 | 明日へつなぎたいもの

観察力...。

Excite エキサイト : コラムニュース

人類が、石器時代から進化している!というのは、現代人のおごりかもしれない。
石器時代の人達が、試行錯誤し、樹脂と土を混ぜる事で、接着効果を得ていた!かもしれないと言うのは、あながち嘘ではないと思う。
それを、野性的なカン!や偶然だと言うのも簡単だが、古代の人々は、生きるために、現代人よりもずっと、敏感に自然を感じ、観察し、利用し、活かして来たのだと思う。何度も何度も失敗したかもしれないし、偶然の発見だったかもしれないが、今よりもずっと、観察力が鋭かったのではないか?と私は思う。

すべての答えは、すべて存在している...と、誰かが言っていた。
ようは、それに気がつくとか、発見できるかどうかだと。

記事の内容からは、少々ズレるますが、以前、自然のものは枯れる..と言う話を書いた事がある。
人が手を加え、大事に大事に薬や栄養を与えた作物は、何故か悪臭を放し腐るが、自然のものは腐らない。
その中に、害虫について書かれている部分がある。
人が害虫と呼ぶ昆虫の多くは、実際は人間の都合で害虫と呼ばれているが、実は、必要だから存在するのだと....。
野生の花や果実に虫がつく事は勿論あるが、大量に害虫がつく事は無く、生き続けている。このバランスは、長い時間をかけて作られた自然の調和によるものだと言える。でも、手間をかけずに、都合良く大量に、使い勝手を優先させると、石油化学を駆使し、有害な副産物が発生する。
その、副産物も存在した地点で、地球の自然は、いつでも、バランスを取ろうと動き始める。時間をかけずに大量に発生させた副産物の物質を、野放しにする事は、多くの生物に影響する事を自然はまるで知っているかのように...そして、その気持ちをまるで昆虫は知っているかのように、突然大量に増殖し、大量の虫がその土地に飛来する。悪臭の放つ土を覆い、弱った作物を食べ尽くし、虫は死滅する。
虫の糞や死骸には、薬や副産物が大量に含まれるが、少なからず分解をしている事も解ると言う。だから、有害物質(人間がそう呼んでいるだけで、実際は、存在して当たり前のものが、過剰や過不足により、悪さするだけかもしれないが)が、自然の許容範囲になれば、虫は自然と姿を消す。どこに消えたのか?どうなったのか?そのメカニズムをまだ人間は解読できてはいない。
昆虫は、まだまだ多くの謎に包まれているのだ。

最近、蜂の異常な減少が世界的に問題になっている...と言う記事が有ったが、それにも、何かしらのメッセージが有ると私は思う。
ミツバチは40℃の熱まで耐えられる。スズメバチは36℃...この温度差を利用して、ミツバチは巣を襲うスズメバチを攻撃する。ミツバチがスズメバチを覆い、微動する事で摩擦熱を起こし殺すのだと言われている。
そのミツバチが消えたのは、温暖化のせいなのか?
私には解らないが、蜂を観察し続けている人には、その行動の意図が分かるかもしれない。もしかすると、今まで集めていた蜜の土地が、蜂にとってはもう危険だという判断から、大量に移動したかもしれないし、何かの天変地異が起きる事を予測し、地中でしばしの冬眠に入ったのかもしれない。

石器時代の人達は、多くの言葉も、書籍も残していないので、その頃どんな事を発見したり、気づいたり、苦労したのか?を知るすべは無いが、もし有ったら、人類はもっと違う文明の進化を遂げていたかもしれない。
放射能を除去する物質を実は見つけていたかもしれない....。
洞察力に長けて、観察力が増し、気がつくことが、当時の彼らの生命線を大きく分けたに違いない...そう考えると、もしかしたら、現代人よりもずっと多くの事を発見し、多くの智慧を持っていたかもしれない...と思わずにはいられない。
[PR]
by marquetry | 2009-05-12 22:47 | Track Back

やむにやまれず...。

Excite エキサイト : 社会ニュース

やむにやまれずした行為だと思いたいが、それでも、なんだか砂を噛む様な話。
まるで、いらなくなったゴミを捨てるかの様に、ホームレス支援機構が、人材捨て処理場のよう。

私も、この4月20日付けで、流行の波に乗り、解雇になりました。
解雇されたとはいえ、私はやはり恵まれているのだと、様々な記事を見て感じます。
私に解雇を言い渡す時、社長は、涙を流しながら、『すまない...』と繰り返し、説明してくれました。私も、同じ様に、会社を存続させるには、リストラするしか無いと思っていましたので、家庭を持った人よりも、独身の私が先に対象になるのは、仕方が無いと思っています。もちろん、これからもう一踏ん張り!と思っていたので、何の準備も蓄えも有りませんでしたから、生活は不安です。
マンションも買ったばかりで、今手放しても、借金が増えるばかりだし、出来るだけ維持したほうがいいと思うけど、今まで働いてた会社の様な給料を払ってくれる所が見つかる可能性は、宝くじが当たるのと同じくらい低い確率の事でしょう。

別に、社長が悪い訳ではない...今までだって、余裕で経営してこれた訳じゃない、ずっとコストの叩き合いの中で、体力をギリギリまで削りながら、息絶え絶えでしのいで来たんだ...お客は、バーゲンが当たり前の感覚だが、実際物を作る側に取って、バーゲン価格で商売出来る程、利幅を乗っけている訳じゃない。
バーゲン価格は、赤字であり、原価割れが本来であり、それを、ずっとバーゲン価格で商売出来る事の方が、適正価格に問題が有るのだと、私は思う。
購入者の価値感覚を麻痺させている様な物だ。
安い物へと市場が流れ、安い輸入商品に支配され、安全や信頼には見てみないふりをし、紙切れの取引や利益を実益の様に見せかけてきた金融と国のシワ寄せは、いつでも、末端の国民なのだと思う。
政府は、セーフティネットを、対策を、補助予算を打ち出した!というが、それは、まだ首を切られていない人にはいいだろう...国の補助のもと、エコな商品に買い替え、太陽光発電に切換えればいい。
でも、実際に助けが必要な人達は、税金や健康保険の一時免除(年金は手続きすれば、後で支払う事が出来る)や繰り延べ支払い、学費や住宅ローン等を、就職が決まるまで、棚上げにしてもらう様な体制ではないだろうか?
収入が無くても、税金と健康保険は払う義務がある!と役所の人は言うけれど、払うお金があるなら、払っている。払えなくなったのは、リスクが伴うファンドに、目の色を変えて飛びついた市場や金融、その取引を承認した国が、市場を陥れたせいではないのか?安易に個人投資家を増やし、理解出来ない闇鍋の様なファンドや取引を信用させた事ではないのか?
そのあおりが、企業倒産であり、実際に市場取引をしていない人達の税金まで投入しての対策だ....それなのに、いままで真面目に払って来た市場崩壊に関与していない人達に、収入がなくても税金は先に払ってもらいますって、よくも、ノウノウと言えたもんだと、私は、この矛盾や理不尽さを感じずにはいられない...。
[PR]
by marquetry | 2009-05-11 10:55 | Track Back

もしかして....(!!)

小さなお店の小さなミシン

もしかして、映っているのは、幻の足踏みミシン????
もしかして、売り物でしょうか?
もしも、売り物なら、と〜っても欲しいかも....。
でも、もう針や部品は取り扱ってないかなぁ...メーカーさんは。
[PR]
by marquetry | 2009-05-08 20:36 | Track Back



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧