To tomorrow From yesterday

<   2009年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

石けん(2)

商売は売れなければ意味がない...確かにそうだが、汗水流して働いたお金で手に入れられる商品が、すこしづつ体を蝕んでいると思ったら、なんだか、悲しくならないだろうか?
売られている商品に、なんの疑問も持たずに、つい買ってしまう私も、実際、気がついたからって、どうしていいか解らないのが正直な所だし、気にしていたらお金で買えるもので安全なものなんて、ないんじゃないかって、思えてくる。信頼している...判断がつかない...調べるのも関心をもつのも面倒くさい...私もそう思う。
作っている人、それを売っている人が、胸を張って、これは害のない商品です!!!って保障できるものであってほしいと願っているだけで、実はこだわる事は、面倒くさい...作っている人、売っている人が、責任もってちょうだいよ〜と、他人を頼ってしまう...いや、頼らざるおえないのかもしれない。

以前、農薬に汚染された食品や有機農法でメタボになった食品について、少し書いた事があったが、今回は洗剤について、前回に引き続き書いてみようと思う。

今、自分が使っている洗剤や石鹸は、果たして、どのタイプなのだろうか?と気になる方へ、簡易的ではあるが、家で調べられる方法を紹介する。(詳細は、『自然流「石けん」読本を買って読んでねm(_ _)m。)

手順1)透明な容器に、洗剤を水に溶かし、泡立てる。
手順2)上記に、2,3滴程食酢をたらす。

識別1)泡が消え、水が白く濁る→石けん
識別2)泡が消えず、水が白く濁る→複合石けん
識別3)泡が消えず、水も透明なまま→合成洗剤

最近では、この方法でも識別できない合成洗剤もあるので、どうしても気になる人は、どこかの検査機関に持ち込むしかないでしょう...。

30年前、日本はこぞって農薬を推進した。そして、残留農薬は中性洗剤で洗えば取れる!と厚生省は宣った...おおくの国民はこれを信じたし、外食産業の多くは、しなびた野菜の見栄えも良くなるために、洗剤液につけ込んだ。今でもその姿は変わらないと言われている。
先にも述べたように、合成洗剤は衣類用だろうが、食品用だろうが、残留する。
一度残留したら、煮ても焼いても取れないのから厄介なのだ。
食品用の洗剤の多くには、洗剤に5分以上浸けたままにしない事や、30秒以上流水ですすぐことが書かれているようですが、気にして行動している人がどれだけ居るだろうか?
洗濯しても、衣類に残留し、そのため荒れる繊維を和らげるために、柔軟剤が必要になる...でも、残留物が中和されたり除去される訳ではない。
歯磨きなんて、歯茎から吸収される事を考えたら、虫歯どころではない!
現実的に虫歯を予防できる医学はまだ無いと言っていいらしい...なら、歯磨きを進める歯医者って?なんなんだ?と思ってしまう。塩などでブラッシングするのが関の山ではないか?

JIS規格では、ノートや便せんに使う事すら禁じられているし、食品衛生法等では包装材、フキン、紙コップ、薬事法では、トイレットペーパー等にも禁じられ、薬局法では、ガーゼや包帯に使う事が禁じられている成分が、洗剤には平気で使われ製品として販売されている...これは、問題だと思わないほうがおかしい....と私は感じるのだが...どうなんだろうか?
徐々に、気をつけるように、また、代えられるものは変えるようにしてはいるが、実際は残念ながら、隅から隅まで何が安心で何が安全か?とこだわる程、私に生活的な余裕がある訳でもない。
できれば、もうけのために、明らかに体に悪い事を知っていながら、見て見ぬフリして作り続けたり売り続けている企業に、自覚して改めてもらう方法は無いものだろうか?と、考えてしまう。
[PR]
by marquetry | 2009-04-30 20:59 | 明日へつなぎたいもの

騒ぎ過ぎ...じゃない?

Excite エキサイト : 社会ニュース

マスコミの騒ぎにも、警察が家宅捜索したのにもびっくり!!!!!
お酒を飲んで、暴れたとしても、裸になったとしても、家宅捜索までされるのはかなり特殊ではなかろうか?...芸能人だから?...警察も何を疑ったのか想像はつくけど、ちょっとやり過ぎじゃないか?と感じるのは私だけだろうか?

また、マスコミの取り上げようもすごい...SMAPだから?とはいえ、見ていて、可哀相に感じてしまう...。勿論近所迷惑な事をしたのは、悪い!でも...誰かを殴った訳でも、女性を襲った訳でもなく...逆に裸になった草薙くんの方が、襲われそうだったかもしれない状況...でしょう...。写真になんか撮られた日には、目も当てられないでっすよね...ってどっかに投稿されていたら...と考えると、目も当てられません(> <)

ましてや、どっかの大臣が、人間失格コメントしたのには、非情に腹が立ちましたけど...。飲み屋に勤めていた経験からすれば、政治家のお酒の飲み方だって、かなりイヤラシいと思いますけどね...一番手の悪い飲み方や酔い方をするのは、教職や警察など、聖人君子の看板がちらつく方々....日頃のストレスの大きさを垣間みます。

なにほど飲んでも、意識がしっかりしていた20代...も、後半になり、30代に入ると誰しもが経験するお酒に飲まれる瞬間。
日頃の忙しさや、気がつかないストレスのせいか?原因は解らないが、記憶が無い!!!!というショックは、と〜ってもよくわかる私...。
ブログにもお酒による苦い経験を書いた事が有りますが、本当に、怖い経験です。

マスコミのどうでもいいよ〜な質問にも真面目に答える草薙くんには、めげずに頑張って欲しいとエールを送りたい私です。
こんな事ぐらいで、株価が下がったり、CMのイメージが...と心配する業界に、今回はかなり幻滅した私でした。
[PR]
by marquetry | 2009-04-25 01:28 | Track Back

てっきり...(汗)

Excite エキサイト : 中国ニュース

日本パビリオン名「かいこじま」...てっきり、派遣切り等で日本の企業が雇用解雇(かいこ)している事への皮肉的呼び名かと思ったら、真面目なお話でした...この記事の書いている人の思惑にのっかった感じで、イヤ〜な汗が..。
[PR]
by marquetry | 2009-04-21 13:40 | Track Back

結果All right...?

Excite エキサイト : コラムニュース

温情の特例措置...一年以内に、入国可能とか...これで、堂々と日本に来る事が出来、結果的には良かったのではないだろうか?...確かに、一時的には淋しい思いもさせてしまう結果にはなったが、不法入国にたいして責任を果たしたのだから、今後ひょっとすると、日本での永住権を得る事が出来るかもしれない...。

ふと、この問題が話題に上がる度に不思議に思っていた事が有る。
かれらは、不法入国にも関わらず、自分たちの稼ぎから、税金はちゃんと払ってたらしい...という話を聞いた事が有る。
この税金を受け取っていた役所は、不法入国者だった事に気がつかなかったのだろうか?気がついても、税金を貰っていたのだろうか?なんだか、この辺にも縦割り行政の壁を感じますよね...権限が無いから、突っ込んだ確認がとれないとか?...どちらにせよ、税金を払えている事に疑問を感じるのは、私だけだろうか?

税金をしっかり貰っていた日本政府...責任を果たした家族に、税金の返還を一時的にでもするのが、行政の責任では無かろうか?...それか、それに見合う金額を、残っている娘さんの学費に廻すとか...どちらにせよ十数年、行政が対処出来ない間に、彼らは真面目な納税者になってしまっていた訳です...国籍が無いのに?
いいんだか、わるいんだか、なんとも不思議な国ニッポンです。
[PR]
by marquetry | 2009-04-17 16:12 | Track Back

真実の行方?...

Excite エキサイト : 中国ニュース

南京大虐殺について、賛否両論ある中、日本ではあまりにも公開されている事実が少ないと私は思う。それは、事実じゃないから無いのだ!とも言えるし、別な理由で、絶対に公にしたくない事が有るとも言える。

私は、歴史的事実がどうであれ、映画の配給をしない事自体、日本の映画界に対し、また、外交、政府、国の対処に、疑問を持つ。
映画は映画である...歴史的事実の真実かどうかより、そのメッッセージを受け入れるかどうか?が大事だと思う。戦争という異常な状況で人はどうなってしまったのか?戦争を知らない者達にも、見るという経験は有っていいと思う。
また、有るひとつの方向から見た場合でメッセージは作られる...それが、他方から見たら違うというなら、日本でも、日本から見た出来事を映画化すればいい。
事実はこうだ!と言えるなら、それを映画化すればいい。
沈黙が何を意味しているのか?当時生き抜いた人達が沈黙しているのは、真実を明かす事が決して平和に結びつかない!と考えているからかもしれない。

私は、戦争を忘れないように!とは思うが、こだわって生きたいとは思わない。
祖先や過去を引きずって、いつまでも憎み合うくらいなら、忘れて仲良くなる方を選びたい。...忘れる事が無理でも、こだわる事を止めたいと思うだろう。
それは、私が戦争未経験者だから、言える事なのだとも思いますが...。
中国はそうゆう民族ではなく、末代まで、その責任や行いを問われるらしい...。
そんな考え方の違いを、どう乗り越えていけるのか?
逆手にとれば、恩も末代までつづく....中国は、その事も民族の誇りとしているでしょう。日本は、そう対峙していくしか無いのかもしれません。

私は、この映画を見てみたいと思いますが、日本で配給してくれるところは、結局無いんでしょうかね...残念です。
[PR]
by marquetry | 2009-04-17 11:41 | Track Back

石けん(1)

普段使用している洗剤の多くを気に賭けている人が、
どれくらいいるだろうか?
私は、最近少しだけ考えるようになった。
勿論体調不良を起こしたのがきっかけだ。
学校でどんな風に習っていたかなんて、もはや記憶に無いが、
間違った知識や、大手企業と政府の癒着が、正しいデーターを世に出さずに来た事は、否定出来ない事実だと感じたのは、『青いお空が見たいから〜♬』のCM等で知られる、しゃぼん玉石けんの社長が書いた本を読んでからである。
少々難しい説明も有り、まだ読み切ってはいないのですが、少しづつ書きたいと思う。

先ず簡単に説明すると、(詳しくは「しゃぼん玉石けん」HPを見てくださいね)
『石けん』とは、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムしか使われません。
それ以外は、石けんに添加剤を加えた物と、合成洗剤になります。

お母さん達は、知っている人も気にかけている人も多いますが、男性の多くは、洗剤が石けんか合成洗剤か?など気にかける人は、ほとんどいないと思う。しかし、男性も真剣に考えるべきかもしれないと思う内容が本には書かれている。
内容を集約すると、石けんは、体に害が無いと言っていいが、合成洗剤の多くは、皮膚吸収され、体内に取り込まれ、肝臓に蓄積される事が書かれている。皮膚炎症を起こすのは、皮膚が敏感だからではなく、侵されていく事に必至に体が抵抗していると言える。この蓄積は、最終的に肝臓の細胞を侵し、機能を損なう事に繋がる。
以下に記したLAS,AOS,AESの実験では、マウスに、五倍希釈を0.25ccずつ1日/1回皮膚に塗布し、7日後に全てのマウスの精子が死んでしまっていた...という結果が出た。
また、この実験結果では、一度付着するとなかなか、これらを洗い落せないという...洗剤に洗剤が必要なのか?という疑問が出てきそうな結果である。

以下、無リン洗剤の主原料である。
LAS=直鎖リニアアルキルベンゼンスルホン酸塩/陰イオン系
AS=アルキル硫酸エステル塩/高級アルコール系
AES=アルキルエーテル硫酸塩/高級アルコール系
AOS=アルファオレフィン系
POE・P、POE・R、DAのような非イオン系
また、上記は、発がん性もしくは発がん性補助剤、胎児障害などの弊害が有る。

ここまで、ちょっと読んだだけでも、えっ?って、考えますよね...。
歯磨きにもASなんか入っているらしいですから、合成洗剤が使われて30年...人間が、弱るのも頷けます。アトピーや、不妊治療が多くなったのも、こんなところに原因が有ったのかもしれません。
でも、どこの企業も、天然パーム入り!とか植物油使用!とはCMしても、上記の品質表示されている無い様についてのリスクは声を出して言いません...多くの人に売れており、経済の大きな流れになってしまったからでしょうか?
今更、声を大きくしても、洗剤メーカーには届かないかもしれないが、この事実は、食品偽造以上の大問題だと、私は大きなショックを受けた。
この事実を、マスコミに取り上げて欲しいが、今まで30年以上何も騒がれなかった事を考えると、TV等マスコミの広告費のTOPに必ず入っている洗剤メーカーに楯突く様な内容は、触らぬ神状態なのかもしれない。
[PR]
by marquetry | 2009-04-16 16:15 | 明日へつなぎたいもの

想定外の儲けに...?

Excite エキサイト : 社会ニュース

公益法人で儲けたら、税金として国に儲けを還元する仕組みにしたら?そうゆうお約束って、してないで公益法人を起業させていたのだとしたら、お役人は、おバカですよね...。

検定料を下げなかった事が、まるで個人の私腹を肥やす為に使われた事が問題なんでしょう?違うのかなぁ...。...税金を投与した法人が儲けちゃ行けないという訳じゃないでしょう?...儲けたら、国民の為の福祉や医療の予算に廻るようにすればいいじゃない?...あれだけ、人気があった訳だから、検定料を下げても、利益はでたでしょう。国の政策や予算で起こした施設等、公益法人が、湯水のように税金を食いつぶすよりも、こうゆう風に利益をあげられるなら、いいことの様に感じます。

その利益は、勿論国民に還元されるべきですから、資産が外部へ流失した事に対して、また、トンネル会社だとか、背任だと言われても仕方ないし、ファミリー企業で固めたところにも、個人的な贅肉がブルブルしてそうですので、十分真実をはっきりして欲しいところです。
[PR]
by marquetry | 2009-04-16 13:38 | Track Back

小児医療のリスク...。

Excite エキサイト : 社会ニュース

日本人が日本人を助けられるようになるには、医療機関の勇気が必要だと思う。
ましてや、肉体的に完成された大人ではなく、子供とくれば、尚更、危険を犯して移植手術を踏み切る医療機関は少ないでしょう?

ドナー登録等の意志表示が浸透していない等の問題も指摘されていますが、私には、国も、病院も、医者も、移植という技術について、萎縮してしまったように見えていました。...あの、札幌の移植手術から...時間が止まってしまったように。
当時の報道は、移植手術の新たな一歩に対して、賞賛から一変して魔女狩りの様な内容に変わっていく...この医師が、どこぞの許可を得ずに移植手術をしたとかしないとかで、免許剥奪云々だったように思います。
この医師は、移植をしなくても無くなる命に、ひとつの賭けをした事になる。
何も出来ない医者の自己満足の為だと揶揄した人もいましたが、患者も納得した上での移植だったように記憶してます。
たぶん、責任を問われたくないどこぞの機関は、相談しても、ノラリクラリと判断すら出さなかったのではなかったか?と記憶します。手術の成功に対しては沈黙していたどこぞの機関は、患者が亡くなった後に騒ぎだし、報道も問題視するようになった気がします。

確かに、倫理問題をないがしろにして進む事は出来ないと思う。
ただ、移植側、臓器提供側、手術をする医師と病院がソレゾレ納得していれば、私は、どこぞの機関がどうとか、年齢が零歳だろうが、15歳以下だろうか、構わないと思う...。誰もが成功を祈りますが、手術の失敗の可能性を十分に理解出来るかが難しいところです。素人にも理解出来る説明をちゃんと根気良く出来るかどうか?また、司法解剖を別な病院にちゃんと判断してもらう事等...成功に理由が必要なのは医療業界だけです。失敗の時は素人にも解る様な説明が必要です。

手術以前の問題も考えれば、国内の脳死状態の子供達に、移植コーディネイトを勧める、お願いするのは、至極当たり前の事の様な気がします。
勿論、両親の納得、説得は大変でしょうけど...。
現在、海外で日本人が臓器移植をする為に、貧しい国では、人身売買や臓器売買が平常に行なわれていると言われています。金に物を言わせて!という見方もしている...自国の移植をせずに、日本人の移植を(お金の為に)優先させる国もあるからでしょう。いずれにせよ、年齢制限が必要なのではなく、移植への理解と、臓器提供への理解が必要でしょう?...もうひとつ、私は、死刑囚や無期懲役囚人の臓器提供も有りだと考えています。気持ち的に良い気はしないと言う人もいるかもしれませんが、それも、双方納得の上で、行なわれるべきであって、もしかしたら、その移植という行為が、囚人の救いになるかもしれません。

なんにせよ、国内で移植手術をできるようにする為には、子供には子供サイズの臓器が必要であり、移植希望者が15歳以上だけじゃないのであれば、年齢制限などなんの問題解決にもならない基準だと思いますので、出来るだけ早いうちに、双方の理解を得る事で、臓器の提供も、移植もできるようになって欲しいと思います。
[PR]
by marquetry | 2009-04-16 11:21 | Track Back

出る釘は、打ち抜かれる?...。

Excite エキサイト : 社会ニュース

このニュース...臭いませんか?私にはプンプン臭って仕方が有りません。
なんたって、今頃問題視する話じゃないと思うんです。
当然、選挙活動中もその事実は有った訳で...それを承知で、選挙を続けた訳でしょう?今更違反だ!何だ!って騒ぐのって...なんだかうさん臭い匂いがしませんか?

市民の目も、こうなってくると、誰か後立てが有って、いいように利用されているようにしか感じませんね...。

結局、自民党にせよ県議会にせよ、森田健作自身を自分たちの懐でコントロール出来ると思っていたのでしょう?誰かの思惑違いで、当選後いきなり政府に噛み付く意見や態度をマスコミの前にあからさまにしたから、お灸を据えられた...というところが事実じゃないでしょうか?
献金の件にせよ、小沢や二階堂宜しく...必ず内部には、外に通じている人間が居るのでしょう...じゃないと、完全に法に抵触するかどうか?も解らない様な内容のまま、明るみになるなんて事は、ちょっと普通じゃない状態ですよね.... それも、一部の人だけが非難され、他に火種がまき散らされないところにも、何だか臭う...。

政治や地方役人は、どこかで、脚の引っ張り合いをしているようにも見えます。
世の中を良くしよう!という思いよりも、権力にシガミツイている人が、まだまだ沢山居る証拠でしょうかね...クワバラくわばら。
[PR]
by marquetry | 2009-04-16 10:09 | Track Back

女の腐った様な男...(3)

私の報告で、心配をした社長は、しばらく会社に寝泊まりする程、
営業所に入り浸りました。その頃私も自分の現場を持ち始めていましたから、
夜な夜な休憩に使っていた部屋の隣に、社長が寝ている事も有った訳です。

私の返事が気に入らなかった所長...そして、社長を呼びつけたと思っている所長は、とんでもない行動に出ます。...取引業者や社長の奥さんに、私が社長とデキテル!と噂を焚き付けます。社長が来てから、仕事に長けた男の人が新たに会社に加わりますが、その人はスッカリその噂を信じ込みます。

なんて事を〜MY!GOD!!!

ただならぬまわりの様子...密やかに聞こえてくる噂...とうとう社内会議まで発展。
もちろん、社長から、ある程度の話は皆さん報告請けている訳で、この会議では、所長の言い分を公で聞こうと言うものでしたが、この所長...女の腐った様な奴で、やれ、朝会社に来て、休憩室を覗いたら、ティッシュが部屋に散乱していた...等等宣い、状況証拠らしい証言をする訳です...。別に合体しているところを見た訳でも、愛のささやきを見聞きした訳でもありません...当然です!そんな事無いんですから。第一、同業者なら理解出来ると思いますが、24時間態勢で仕事して仮眠に来ている人間が、寝ずにsexできる程身も心も余裕が有る分けない...そんな余裕が有るなら、現場でそのまま働いてますって...。

とはいえ、信じ込んでいる人達には、そんな事も、その為にワザワザ仮眠しに来ているとしか思えないんでしょうね...情けない...。
当然、社長の奥さんに罵声を浴びせられますが、普段は会う事の無い役員も居て、私にはその場で所長の事を言えませんでした。
男の井戸端会議は、女のそれよりも残酷かもしれません。
やり玉を食らった私は、悔しさのあまり、涙しながら否定するしか有りませんでしたから..。
会議が終わってから、奥さんと社長と役員に呼ばれ、私は、社長に報告した事を、
奥さんの前でもう一度話し、そして、きっぱり噂を否定しました。

奥さんは、思った他狸です...ちゃんと社長から聞いてて、会議では演技していたんです。
(ぐぇ〜..怖)で、奥さんの判断は、私の話も、社長の話も信じてるそうで...まぁ、毎日報告出してたんですから、信じてもらわなければ困るんですが...。
役員の人達からも、辛い思いさせて済まなかったと言われ、会議が、所長を見極める為のお膳立てだった事を知らされます...(ショック)

そうとも知らず、のうのうと、ある事無い事を混ぜて話、自分のした事言った事は全く触れず...あげくに、このスキャンダルで、社長を引きずり卸し、あわよくば自分が社長の椅子に座ろう!と、論破した所長...。
この時、初めて私は所長に同情しましたが、そんな気持ちもすぐ吹っ飛ぶ様な事がその後もつづきます。

ギクシャクした空気のまま、数日過ごした後、所長は社長から、解雇を言い渡されます。
納得のいかない所長は、社長の馴染みのお客さんのところにその不満をぶつけ、その会社に潜り込みます。そして、そこでも噂をバラマキ...ウチの取引業者のみならず、業界にその噂が広まることに...この男...どこまでも根性が腐ってる...。
おかげで、私は当時つきあっていた彼氏から会社を辞めてくれと言われたり...まぁ、しばらく噂に振り回されるハメになるんですが...ウチの社長は、所長よりダンゼン業界の信用が有り、会社的ダメージは全くと言っていい程ありませんでしたから、私は、会社を辞めず、噂に負けずに!いえ、払拭するつもりで、会社にヘバリツキ、仕事をこなしました。

いまでも、現場で元所長に会う事が有ります。
まるで、何事も無かったかのように、親しげに肩を組んで来たりします...他の職人の前で、むやみにその手を払ったりはしませんが、この男!調子にのんっなっつうの!と心で思いながら、別な人と話をするふりして側を離れたり、なにげなく手を払ったりします。
興味本位で噂の真相を聞きたがる人も居ますが、そうゆう人には、
『男ばっかりの世界に居て、そんな噂のひとつやふたつない様じゃ女が廃るでしょ〜』とか、『どこまで本当の話何だか知らないけど、噂を信じる様じゃ、まだまだ(職人として)ね〜』とか、言っておきます。....本当に心配してくれている人にも、真実は私の口からは話しません。
同じ業界だし、そんな真似しては、所長と変わんないじゃない?

とはいえ、20代の私は、女の腐った様な...(女性に失礼な表現ですが...)男に出会い、男社会の怖さを知ることに...男って、一歩間違うと、女よりネチネチしている生き物かもしれません。
かなり、臭ってきそうなネチネチですが、現場に群がり、一服する職人達の話題は、もっぱらそんなうわさ話て言うのも、見なくていい世界だったと、つくづく感じています。

おかげで、男を見る目が厳しくなったのか...around40にして未だ独身。
...いつになったら、いい男で出会うのか...?
皆さんも、腐った男には、注意しましょうね...私の被害はたかが知れてますが、一歩振る舞いを間違ってたら、きっと、ストーカーや盗聴など犯罪にエスカレートしてたかもしれません。
女の腐った様な(女性に皆さんごめんなさい)男には、ご用心ご用心!です。
[PR]
by marquetry | 2009-04-10 18:36 | 海馬のくずかご



昨日の私から、今日の私が、明日の私へ残すもの。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大久保利通の北京談判に見..
from 坂の上のサインボード
24時間テレビを見て「偽..
from 坂の上のサインボード
敗軍の将は誰?
from 坂の上のサインボード
スナック腕利き「ママ」は..
from Gポケット
マルセイユ石鹸
from マルセイユ石鹸
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧